アストンマーティンの次世代フラッグシップ
「DBSスーパーレッジェーラ」の姿を読み解く

2018.04.30 デイリーコラム

アストンにとって特別な2つの名を冠したモデル

「DBS」のネーミング復活のアナウンスは、アストンマーティンファンにとって喜ばしくも衝撃的な出来事だったことだろう。しかもアストンの歴史を深く知る者にとってはさらに驚くべきことに、いにしえの名車たちと同様に「Superleggera」のバッジがエンジンフードに備わった写真が公開された。

正式名称「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ」

そのアナウンスに前後して、欧州ではさまざまなウワサが流れ始めている。今年の第2四半期、つまり6月が終わるまでにあきらかにされる予定というDBSスーパーレッジェーラは、いったいどんなモデルとして登場するのだろう? 

アストンから届いた短いプレスリリースをよく読み込んで考えてみると、なるほど、予想のためのヒントは幾つも隠されている。それらをひとつひとつ並べて考察する前に、少し歴史的なことを振り返ってみよう。

「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ」の画像については、今のところボンネットの写真のみが公式に公開されている。
「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ」の画像については、今のところボンネットの写真のみが公式に公開されている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表 2019.4.24 自動車ニュース アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表。2018年6月に発表された「DBSスーパーレッジェーラ」のオープントップモデルで、0-100km/h加速3.6秒、最高速340km/hという動力性能と、オープンエアの心地よさを両立している。
ホームへ戻る