トヨタが「C-HR」の1.2リッターターボモデルにFF車を新設定

2018.05.08 自動車ニュース
1.2リッターターボエンジンを搭載した「トヨタC-HR G-T」。(写真は4WD車)
1.2リッターターボエンジンを搭載した「トヨタC-HR G-T」。(写真は4WD車)拡大

トヨタ自動車は2018年5月7日、コンパクトSUV「C-HR」に一部改良を実施し、販売を開始した。

新規設定色の「ホワイト×ネビュラブルーメタリック」が採用された、ハイブリッド車の「G」。
新規設定色の「ホワイト×ネビュラブルーメタリック」が採用された、ハイブリッド車の「G」。拡大

今回の改良では、これまで4WD車のみが設定されていた1.2リッターターボモデルに、新たにFF車を設定。また、「S」「S-T」を除く全車に、すべての光源にLEDを用いた大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付きBi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を標準装備した。

ボディーカラーについても、新たに「ネビュラブルーメタリック」(モノトーン)および「ホワイト×ネビュラブルーメタリック」(ツートン)を設定している。

価格は229万円から292万9200円。

(webCG)
 

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ C-HR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • こんなに安いのはなぜなのか!? 「トヨタ・ヤリス クロス」の価格を検証する 2020.9.16 デイリーコラム トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」の価格をライバルと比較すると、18万円ほど安いことが分かる。この価格設定に秘められた、トヨタのSUV戦略と国内市場戦略を解説する。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
ホームへ戻る