「日産ジューク」、ハイビームアシストが標準装備に

2018.05.11 自動車ニュース
「日産ジューク15RX Vセレクション パーソナライゼーション」
「日産ジューク15RX Vセレクション パーソナライゼーション」拡大

日産自動車は2018年5月11日、コンパクトSUV「ジューク」を一部改良し、販売を開始した。

 
「日産ジューク」、ハイビームアシストが標準装備にの画像拡大

今回の改良では、先行車や対向車のライト、周辺の明るさなどを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を主要グレード(「15RX」「15RXシンプルパッケージ」「NISMO」「NISMO RS」以外)に標準装備とした。

価格は173万7720円から346万8960円。

(webCG)

関連キーワード:
ジューク, 日産, 自動車ニュース

日産 ジューク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産スカイラインクロスオーバー370GT FOUR TypeP(4WD/7AT)【ブリーフテスト】 2009.10.6 試乗記 ……531万3000円
    総合評価……★★★★

    ファミリーの中で、最もラクシャリーな位置づけにある「スカイラインクロスオーバー」。エレガントに味付けられたという走りと、充実装備の使い勝手を確かめた。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る