「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車

2018.05.22 自動車ニュース
「フィアット500C 60th」
「フィアット500C 60th」拡大

FCAジャパンは2018年5月21日、「フィアット500C」に特別仕様車「60th(シクスティース)」を設定し、50台の台数限定で発売した。

 
「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車の画像拡大
 
「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車の画像拡大
 
「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車の画像拡大
 
「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車の画像拡大
 
「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車の画像拡大

今回の500C 60thは、「Nuova 500」(2代目「フィアット500」)の誕生60周年を記念して設定された限定車である。1.2リッター直4エンジン(最高出力69ps/最大トルク102Nm)を搭載する「1.2ラウンジ」をベースに、専用のドレスアップが施されている。

ボディーカラーはアイボリーとアイスホワイトの2トーンを採用。フィアットでは「ビコローレ」(2色の意味)と呼ぶ、ボディーの上下を塗り分けるカラースキームは、カタログモデルには設定のないもので、Nuova 500の誕生以前からフィアットが採用してきた伝統的なものであるという。

このほかエクステリアには、エンジンフードのクロームラインやクローム仕上げのエクステリアミラーハウジング、2トーンの専用アルミホイール、往年の「FIAT」エンブレムをモチーフとしたビンテージロゴマーク、「60」の文字をあしらったBピラーのロゴなどが備わる。

ビンテージとモダンを調和させたというインテリアは、アイボリーとボルドーでコーディネート。フル液晶メータークラスターも、カタログモデルには設定のない装備だ。

特別装備の内容は以下の通り。

  • ビコローレ、ビューティーライン(サイド)
  • クロームライン(エンジンフード)
  • クローム仕上げエクステリアミラーハウジング
  • 「FIAT」ビンテージロゴ(フロント/リア/ステアリングホイール)
  • 60thロゴ(Bピラー)
  • 16インチアルミホイール
  • ボルドーシートパイピング
  • ボルドーインストゥルメントパネル
  • フロアマット
  • キックプレート
  • TFTメータークラスター

価格は284万0400円。

(webCG)

関連キーワード:
500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2009.10.16 試乗記 フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)
    ……289.0万円

    「フィアット500」にスライディングルーフ式のキャンパストップを備えた「500C」。イタリア車らしい、愛嬌たっぷりのオープンモデルにスーザン史子が試乗した。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.3.24 試乗記 フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……250万円

    新開発の2気筒ターボエンジン「ツインエア」を初搭載した「500」が日本に上陸。さっそくその走りを試した。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2011.1.10 試乗記 フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)
    ……213万円

    「フィアット500」に、シリーズ唯一となるMTモデルが追加された。伝統的なトランスミッションは、小さなイタリア車の走りをどのように変えるのか?
ホームへ戻る