クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

新型車がぞくぞくデビュー
マクラーレンの市販計画はどうなっている?

2018.05.25 デイリーコラム

今後4年で11車種も!?

マクラーレン・オートモーティブの近未来は、同社の中期計画「トラック22」にすべて記されている。トラック22に基づく彼らの将来像を、チーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)のジェンス・ルードマン氏に聞いた。

「トラック22はマクラーレン・オートモーティブの2022年にあるべき姿を描いたもので、この計画を発表した2016年からの6年間で15のニューモデルを投入することがその骨子です」

ちなみにマクラーレンは、2016年以降に「720S」と「570Sスパイダー」をローンチし、2018年のジュネーブモーターショーでは「セナ」と「セナGTR」を公開した。つまり、残る4年間で登場が見込まれるのは計11モデルということになる。

実は、マクラーレンは次に発表するモデルをすでに明らかにしている。
「セナとセナGT-Rに続いてはコードネーム“BP23”を発表します。これはセナのようなサーキット向けのモデルではなく、高速クルージングを得意とするグランドツアラーとなります」

現在、マクラーレンのモデルラインナップがスポーツシリーズ、スーパーシリーズ、アルティメットシリーズで構成されていることはご存じのとおり。このうち、BP23は「P1」やセナと同じアルティメットシリーズに属する。

「アルティメットシリーズは、登場するモデルごとに特定のジャンルが定められています。そして必ず限定生産となるのがアルティメットシリーズの特徴です」

BP23の“BP”はビスポークプロジェクト、つまり特別に用意されたモデルであることを意味する。続く“2”は、ビスポークプロジェクトを担当するマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)にとって2番目のプロジェクトであることを示している。

2018年3月に発表された、最新のアルティメットモデル「セナ」。日本では同年5月22日に披露された。
2018年3月に発表された、最新のアルティメットモデル「セナ」。日本では同年5月22日に披露された。拡大
マクラーレン の中古車

ハイブリッドにも注力

では、彼らが手がけた最初のビスポークプロジェクトとは何だったのか? 意外にも、これは1993年にデビューした「マクラーレンF1」であるという。そして間もなく登場するBP23は、さまざまな意味でマクラーレンF1のトリビュートモデルというべき内容になっている。

例えば、コードネームの最後につけられた“3”は、BP23がマクラーレンと同じ3シーターであることを意味する。また、マクラーレンF1は1993年に当時の量産車として史上最速に相当する240.14mph(384.22km/h)を記録したが、BP23の最高速度はこれを上回ることが示唆されている。そしてとどめが、BP23の生産台数がマクラーレンF1と同じ106台に限られる点。ちなみにBP23のパワートレインはハイブリッド。発売は2019年の予定だ。

それにしても、わずか6年間で15モデルを投入するとは恐るべき開発スピードだ。現在のマクラーレン・オートモーティブの規模について、ルードマン氏に解説してもらった。

「従業員は現時点で2300人です。このうち900人が生産部門に所属していて、およそ500人がエンジニア。さらに私たちは新しいコンポジットセンターの立ち上げに取り組んでいるところで、この工場では新たに200人を採用することになります。新設のコンポジットセンターでは、これまで外部に委託していたモノコックを内製する計画です」

生産規模に関してはどうか? 「2017年は3340台を生産しました。2018年は4000台を実現する見通しです。この2年間、私たちの生産部門は目を見張るような成長を遂げました。とりわけ2年前には2シフト制を取り入れ、新たに250人を採用しました」

「私たちの生産キャパシティーは年間5000台ほどで、2022年前後には生産台数がこの水準に到達する見通しです。それ以降は生産台数を大きく拡大することなく、この規模を維持する考えです」

こうした計画を実現するためにまず重要になるのが、トラック22に記されているとおり残り4年間で11モデルを開発することである。

「常に4つないし5つの開発プログラムを並行して進めています。私はトラック22を推進する立場にありますが、計画はすべて順調に進行していると申し上げましょう」

ちなみに、2022年までに全モデルの50%がハイブリッドモデルになるというから、こちらも楽しみだ。

(文=大谷達也<Little Wing>/写真=マクラーレン・オートモーティブ、webCG/編集=関 顕也)
 

マクラーレン・オートモーティブのチーフ・オペレーティング・オフィサーを務めるジェンス・ルードマン氏。現在のところ、同社の開発計画は順調に進んでいるという。
マクラーレン・オートモーティブのチーフ・オペレーティング・オフィサーを務めるジェンス・ルードマン氏。現在のところ、同社の開発計画は順調に進んでいるという。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マクラーレン の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。