“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売

2018.05.24 自動車ニュース
「ホンダS660モデューロX」
「ホンダS660モデューロX」拡大

本田技研工業は2018年5月24日、軽スポーツカー「ホンダS660」をベースとしたコンプリートカー「S660 Modulo X(モデューロX)」を、同年7月6日に発売すると発表した。

 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大

開発コンセプトは「真のスポーツドライビングの喜び」

「モデューロX」は、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスのカスタマイズパーツを、生産過程で装着して販売するコンプリートカーである。これまで「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」「フリード」に設定されており、今回のS660は第5弾モデルとなる。

開発コンセプトは「真のスポーツドライビングの喜び」。アルミホイールやサスペンション、空力パーツなどの専用装備を採用することで、意のままに操れる操縦性と上質かつしなやかな乗り味、さらに、所有する喜びを体現した存在感のあるデザインを実現したとされる。

グリル一体型の専用フロントバンパーは、取り入れた空気を狙った位置へと導くエアガイドフィンを採用するなどして空力性能を追求。全体の空力バランスを整えるため、リアエンドのアクティブスポイラーにはガーニーフラップを装着している。さらに、5段階の減衰力調整機構を備えた専用サスペンションやドリルドタイプのディスクローター、スポーツブレーキパッドを採用し、街なかからワインディングロード、さらにはサーキットまで、場所を選ばずに楽しめる走行性能の高さがうたわれている。

S660モデューロXの主要装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • グリル一体型専用フロントバンパー
  • 専用LEDフォグライト
  • 専用カラードドアミラー(ブラック)
  • ロールトップ(ボルドーレッド)
  • 専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付き)
  • リアロアバンパー
  • 専用リアエンブレム
  • ステルスブラック塗装15インチアルミホイール(フロント)
  • ステルスブラック塗装16インチアルミホイール(リア)
  • ホイールナット(ブラック)
  • 専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付き)
  • ディスクローター ドリルドタイプ
  • スポーツブレーキパッド

【インテリア】

  • 専用スポーツレザーシート(本革×ラックススエード/ボルドーレッド×ブラック/「Modulo X」ロゴ入り)
  • 専用本革巻きステアリングホイール(ボルドーレッド×ブラック)
  • 専用「Modulo X」ロゴ入りメーター
  • 専用「Modulo X」ロゴ入りアルミ製コンソールプレート
  • シフトノブ(チタン製)×シフトブーツ(グレーステッチ)【6段MT車】
  • 専用セレクトノブ(本革製/ボルドーレッド×ブラック)【CVT車】
  • 専用サイドブレーキカバー(ボルドーレッド×ブラック)
  • 専用インパネソフトパッド(ボルドーレッド)
  • 専用フロアカーペットマット(デザインタイプ/ボルドーレッド×ブラック/「Moduro X」アルミ製エンブレム付き)

ボディーカラーはS660モデューロX専用色となる「アラバスターシルバーメタリック」に加えて、「プレミアムスターホワイトパール」「アドミラルグレーメタリック」「フレンチブルーパール」の全4色が設定される。

価格は6段MT車、CVT車ともに285万0120円。

「ホンダS660 α」
「ホンダS660 α」拡大
新たにオプション設定されたトップキャリア。
新たにオプション設定されたトップキャリア。拡大

ルーフキャリアをオプション設定

なお、S660モデューロXの発売にあわせて、ベースのS660にも一部改良が行われた。

ボディーカラーには、新色として「フレンチブルーパール」「ブリティッシュグリーンパール」「ナイトブラックホークパール」を追加設定した。

また、「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を設定することで、カーナビゲーションシステムを利用可能(オプション)としたほか、耐荷重10kgのトップキャリアをオプション設定している。

価格は6段MT車、CVT車とも「β」が198万0720円、「α」が218万5920円。

(webCG)

関連キーワード:
S660, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.9.2 試乗記 ホンダの軽スポーツカー「S660」に純正オプションをたっぷりと組み込んだ、コンプリートカー「S660モデューロX」に試乗。自らS660を所有していた清水草一が、その乗り味の特徴をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのSUV「ティグアン」にディーゼル+4WDの「TDI」が仲間入り。ガソリンモデルのティグアンと、先行してディーゼルが導入された「パサート」、いずれもドライブ経験を持つ下野康史が、その出来栄えをチェックした。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.28 試乗記 ランボルギーニの旗艦車種「アヴェンタドール」に、さらなる高性能モデル「SVJ」が登場。よりパワフルな6.5リッターV12エンジンを搭載し、先進の可変空力デバイス「ALA」を備えたアヴェンタドールの最終進化形を、クローズドコースで試した。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2018.8.25 試乗記 トランスミッションが変更されるなど、大規模なマイナーチェンジを受けたMINIに試乗。今回のテスト車は4シーターオープンの「クーパーS コンバーチブル」。風を感じながらのドライブで、最新モデルの出来栄えをチェックした。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
ホームへ戻る