BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始

2018.05.24 自動車ニュース
写真はすべて「M4カブリオレ」の欧州仕様車。
写真はすべて「M4カブリオレ」の欧州仕様車。拡大

BMWジャパンは2018年5月24日、高性能オープンモデル「BMW M4カブリオレ コンペティション」と、限定車「BMW M4カブリオレ30 Jahre(ドライシッヒ ヤーレ)」の国内受注を開始した。納車は同年の秋以降になる見込み。

 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大
 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大
 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大

450psのオープンモデル

今回導入されるM4カブリオレ コンペティションは、ハイパフォーマンスクーペ「BMW M4コンペティション」のオープンバージョン。最高出力450ps/7000rpm、最大トルク550Nm/2350-5500rpmを発生する、3リッター直6ツインターボエンジンを搭載する。

組み合わされるトランスミッションは、7段のM DCT。最高の加速性能を実現するローンチコントロール機能も備わる。優れた走行性能を支えるメカニズムとして、左右のリアホイールに最適にトルクを配分する「アクティブMディファレンシャル」や、走行環境に関わらず路面との接地性を高める「アダプティブMサスペンションシステム」を搭載。制動力と耐フェード性、耐摩耗性に優れる「Mカーボンセラミックブレーキシステム」もオプション設定される。

ルーフは、3分割式のリトラクタブルハードトップ。走行速度が約18km/h以下であれば、センターコンソールのボタン操作により、20秒以内でルーフの開閉ができる。

ルーフオープン時のボディーの前方から後端までフラットに伸びるシルエットやプロポーションもセリングポイントのひとつだ。

 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大
 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大
 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大
 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大

特別なカラーリングの限定車も

あわせて、BMW M4カブリオレの欧州における発売30周年(初代デビュー時のモデル名は「BMW M3 カブリオレ」)を記念したM4カブリオレ30 Jahreも、台数10台の限定で販売される(世界限定台数は300台)。

同車は、過去印象的だったモデルを想起させる2種類の特別なボディーカラーが特徴で、イエローの「マンダリンII」には専用のイエローステッチを施したブラックのメリノレザーインテリアが、「マカオブルーメタリック」のボディーカラーには、専用バイカラー(ブラック×シルバーストーン)仕上げのメリノレザーインテリアが組み合わされる。

オービットグレーで塗られた軽量構造の20インチ鍛造Mライトアロイホイールや、限定モデルであることを示す「Edition 30 JAHRE」のレタリング(ヘッドレスト/カーボンファイバー製インテリアトリム/ドアシルプレート)も専用装備となっている。

価格は以下の通り。

  • M4カブリオレ コンペティション:1380万円
  • M4カブリオレ30 Jahre:1483万円

(webCG)

関連キーワード:
M4カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • 「レクサスRC/RC F」の一部改良モデル登場  2020.9.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年9月17日、レクサスブランドのクーペ「RC」および「RC F」を一部改良して発売した。今回は走行性能向上に加えて、予防安全装備やインフォテインメントシステムの強化を図っている。
  • 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を発表 伝統のロングノーズにV6ターボを搭載 2020.9.16 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。7代目となる新型「フェアレディZ」のデザインを示唆するモデルで、初代をほうふつさせるエクステリアが特徴。パワートレインは、V6ツインターボエンジンと6段MTを組み合わせているという。
ホームへ戻る