クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW M4カブリオレ コンペティション(FR/7AT)

新たな芸風の“M” 2019.01.18 試乗記 最高出力450psの直6ターボを搭載するBMWのオープン4シーター「M4カブリオレ コンペティション」が上陸。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、これまでのMモデルとは違ったキャラクターが見えてきた。

満を持してのトップレス

BMWジャパンは東京マラソンのオフィシャルパートナーである。2018年の先導車は、発売前の「i8ロードスター」だった。東京マラソンは各国から招待選手が集まるメジャー大会だが、その一方、ランニングイベントの世界では“グルメマラソン”なんていう分野が育ちつつある。エイドステーションで地元の名産品や名物料理がふるまわれる。出ると太っちゃう、楽しいマラソンだ。

M4カブリオレはスピードマラソンとグルメマラソンを一度に味わうようなクルマである。走る性能は“M”だが、屋根を開ければ、青天井が楽しいオープンカーだ。

BMWのスポーツイメージを長いこと牽引してきた「M3」には、2ドアの「コンバーチブル」もあった。M3をツーリングカーレース車両の降臨モデル的なイメージで売ってきた日本にはこれまで輸入されなかったが、1988年の初代M3(E30)コンバーチブル登場から30年、BMWジャパンが満を持して(?)導入したのがこのトップレスM4である。

フルネームは、M4カブリオレ コンペティション。すなわち、M4のなかでもよりパワフルでスポーティーな“コンペティション”をベースにしている。1383万円は当然、M4シリーズ最高額だが、M4クーペ コンペティションとの差は約80万円。Mでない「440i」の“カブリオレ代”約100万円よりお安くなっている。高いものほど安くする。言い換えると、高いほうに誘導する。BMWジャパンのうまいところだ。

BMWの高性能クーペ「M4コンペティション」のオープントップバージョン「M4カブリオレ コンペティション」。日本では2018年5月に受注が始まり、同年秋にデリバリーが開始された。
BMWの高性能クーペ「M4コンペティション」のオープントップバージョン「M4カブリオレ コンペティション」。日本では2018年5月に受注が始まり、同年秋にデリバリーが開始された。拡大
ホワイトとブラックのコントラストが目を引くインテリアは、BMW Individualのオプション(33万円)によるもの。運転席と助手席のヘッドレスト部には送風ダクトが設けられ、乗員の首まわりを温めることができる。
ホワイトとブラックのコントラストが目を引くインテリアは、BMW Individualのオプション(33万円)によるもの。運転席と助手席のヘッドレスト部には送風ダクトが設けられ、乗員の首まわりを温めることができる。拡大
電動式ルーフは3分割で収納される。開閉時間は約20秒ずつとされるが、試乗時に操作したところでは開けるのに23秒、閉じるのに25秒を要した。なお、18km/h以下であれば走行中でも開閉可能。
電動式ルーフは3分割で収納される。開閉時間は約20秒ずつとされるが、試乗時に操作したところでは開けるのに23秒、閉じるのに25秒を要した。なお、18km/h以下であれば走行中でも開閉可能。拡大
メタル製のルーフを閉じたたたずまいはクーペモデルのよう。リアエンドにはブラッククローム仕上げのエキゾーストパイプが顔をのぞかせる。
メタル製のルーフを閉じたたたずまいはクーペモデルのよう。リアエンドにはブラッククローム仕上げのエキゾーストパイプが顔をのぞかせる。拡大

ルーフ自体はいいものの……

BMWジャパンの地下駐車場で待っていた試乗車は「フローズンレッド」という、つや消しの赤だった。この色だけで衝動買いを誘いそうな、すごみのあるカラーリングだ。室内は一転、真っ白である。純白のレザー内装と黒いダッシュボードのコントラストで、シャチみたいだ。

屋根あり状態でも、後席には大人ふたりがなんとか座れる。センターピラーがない開放感が効いている。カップホルダーもふたり分ある。

リトラクタブルルーフは3分割でトランクルームに収納される。開けるのに最短23秒、閉めるのに25秒。4座キャビンでトラベル量が大きいわりにはスピーディーだ。停車時だけでなく、ちょっと動いていても開閉できる。

屋根を閉めているときのトランク容量(445リッター)はクーペと変わらないが、オープンにするとトランクの深さは半減して、嵩(かさ)物は入れられなくなる。それは構造上、しかたないが、収納スペースクリアのセンサーになっているラゲッジルームセパレーターという隔壁を下げ忘れていると、スイッチを押しても屋根は開かない。それがけっこう起こりがちで、煩わしい。

センターコンソールが運転席側に傾けられた、ドライバーオリエンテッドなコックピット。日本仕様のハンドル位置は右のみとなる。
センターコンソールが運転席側に傾けられた、ドライバーオリエンテッドなコックピット。日本仕様のハンドル位置は右のみとなる。拡大
後席の定員は2人。その背もたれはやや直立気味で、左右の座席間にはカップホルダーや小物入れが設けられている。
後席の定員は2人。その背もたれはやや直立気味で、左右の座席間にはカップホルダーや小物入れが設けられている。拡大
トランクルームの容量はルーフを荷室に収納しない“クローズ時”が最大(445リッター)となる。
トランクルームの容量はルーフを荷室に収納しない“クローズ時”が最大(445リッター)となる。拡大
「ラゲッジルームセパレーター」を下ろしてルーフを収納した状態のトランクルーム。写真のように、荷物を載せる空間はごくわずか。
「ラゲッジルームセパレーター」を下ろしてルーフを収納した状態のトランクルーム。写真のように、荷物を載せる空間はごくわずか。拡大

基本的にジェントルマン

ボンネットにぎっしり収まるエンジンは、M社が手塩にかけた直列6気筒3リッターツインターボ。コンペティション仕様は450psを発生する。カブリオレはこのチューンだけだが、もしノーマルがあったら、プラス19psである。

まずは屋根を閉めたまま走りだすと、M4カブリオレは重厚な高級クーぺだった。“450psのM”を実感させる迫力はない。というか、意外やおとなしい。それもそのはず、カブリオレはクーペより240kg重い。車重1880kgといえば、「ジープ・チェロキー」より40kgも太っている。やっぱりグルメマラソンだ。M4クーペはルーフをカーボン製にするなど、モノコックから軽量設計に打ち込んだのが自慢だが、カブリオレは芸風が違う。“これはこれ”なのだろう。

ニュルブルクリンクに持ち込んで全開走行すれば、もちろんこれはこれで速いにきまっているが、実用スピードで走らせているとパンチが足りない。そう感じたので、ダッシュ中央のモニターにドライブモード設定を呼び出し、エンジン、シャシー、ステアリング、変速機をぜんぶスポーツ+にして、ハンドルスポークにある“M1”ボタンに登録した。こうすると、左親指でボタンを押せばいつでも最強最速のM4カブリオレが味わえる。

スポーツ+だと特に霊験あらたかなのはスロットルレスポンスで、あまりにアクセルが敏感になり過ぎて、加速時にジャダーが発生し、その前後動でさらに右足が動いてしまって無限ジャダーに陥るようなこともあった。

フロントに縦置きされる3リッター直6ツインターボエンジン。スタンダードな「M3」や「M4」を19ps上回る、最高出力450psを発生する。
フロントに縦置きされる3リッター直6ツインターボエンジン。スタンダードな「M3」や「M4」を19ps上回る、最高出力450psを発生する。拡大
高速道路を行く「M4カブリオレ コンペティション」。0-100kmの加速タイムは4.3秒と公表される。
高速道路を行く「M4カブリオレ コンペティション」。0-100kmの加速タイムは4.3秒と公表される。拡大
「M4カブリオレ コンペティション」では、好みの車両セッティングを2種類まで登録可能。各モードにはステアリングホイール(左側スポーク部)に備わる「Mドライブボタン」を使って瞬時に切り替えられる。
「M4カブリオレ コンペティション」では、好みの車両セッティングを2種類まで登録可能。各モードにはステアリングホイール(左側スポーク部)に備わる「Mドライブボタン」を使って瞬時に切り替えられる。拡大
後席の背もたれの裏には、折りたたみ式のウインドディフレクターがおさまる。これを除くことでトランクルームとキャビン後部をつなげば、長尺物を積むこともできる。
後席の背もたれの裏には、折りたたみ式のウインドディフレクターがおさまる。これを除くことでトランクルームとキャビン後部をつなげば、長尺物を積むこともできる。拡大

屋根を開けるや別人に

しかし、スポーツ+奮発のおかげで、胸のつかえがおりた。都内から高速に上がり、行きつけの山道を走ってUターンしたところで屋根を開けた。本当に留飲が下がったのはそれからである。

このクルマは屋根を開けると別人になる。ストレート6ツインターボのエンジン音も、4本出しマフラーの排気音も、トップレスだと俄然ボリュームアップする。逆にいうと、このリトラクタブルルーフの上屋は格別に遮音性能がすぐれているのである。

クーペとしてはフロントピラーがわりと起きているから、太い窓枠がヒタイに迫るような鬱陶しさはない。ルーフパネルがなくなると、厚い上着を脱ぎすてたような開放感を覚える。ほぼ水平なウエストラインを見てもわかるとおり、オープンカーのなかでも特にオープンカー“甲斐”のあるクルマである。日陰の山道を走っていてありがたかったのはネックヒーターだ。うなじのあたりから温風が出る。

カブリオレは最もぜいたくなM4である。真骨頂はサーキット走行よりもオープン走行で、240kgの重量増は、上を開けるとだいぶ取り返せる。マットレッドのボディーに純白の内装。マラソン先導車のように目立っていきましょう。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=田村 弥/編集=関 顕也)

「M4カブリオレ コンペティション」の車重はクーペモデルより240kg増しとなるが、前後の重量配分はほぼ50:50がキープされている。
「M4カブリオレ コンペティション」の車重はクーペモデルより240kg増しとなるが、前後の重量配分はほぼ50:50がキープされている。拡大
アナログ表示の4連メーター。スピードメーター上には330km/hまで数字が刻まれている。
アナログ表示の4連メーター。スピードメーター上には330km/hまで数字が刻まれている。拡大
「スタースポークスタイリング666M」と名付けられた20インチ鍛造ホイール。試乗車はミシュランの「パイロットスーパースポーツ」を装着していた。
「スタースポークスタイリング666M」と名付けられた20インチ鍛造ホイール。試乗車はミシュランの「パイロットスーパースポーツ」を装着していた。拡大
 
BMW M4カブリオレ コンペティション(FR/7AT)【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

BMW M4カブリオレ コンペティション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4685×1870×1390mm
ホイールベース:2810mm
車重:1880kg
駆動方式:FR
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:450ps(331kW)/7000rpm
最大トルク:550Nm(56.1kgm)/2350-5500rpm
タイヤ:(前)265/30ZR20 94Y/(後)285/30ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)
燃費:10.8km/リッター(JC08モード)
価格:1383万円/テスト車=1642万3000円
オプション装備:BMW Individualボディーカラー<フローズン・レッド・メタリック>(48万3000円)/BMW Individualエクステンド・レザー・メリノ(33万円)/BMW Individualインテリアトリム(5万円)/BMW Individualレザーフィニッシュダッシュボード(18万8000円)/パーキングサポート・パッケージ(11万3000円)/Mカーボン・セラミック・ブレーキ・システム(110万円)/Mドライバーズ・パッケージ<最高速度リミッター解除>(32万9000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:2491km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:269.6km
使用燃料:45.3リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:6.0km/リッター(満タン法)/7.3km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW M4カブリオレ コンペティション
BMW M4カブリオレ コンペティション拡大
ダッシュボードの中央には、タブレット型の横長ディスプレイが備わる。カーナビのマップのほか、インフォテインメントシステムの情報も表示される。
ダッシュボードの中央には、タブレット型の横長ディスプレイが備わる。カーナビのマップのほか、インフォテインメントシステムの情報も表示される。拡大
センターコンソールにはサスペンションおよびステアリングの調節スイッチや、インフォテインメントシステムの操作スイッチ、ルーフの開閉スイッチなどが並ぶ。
センターコンソールにはサスペンションおよびステアリングの調節スイッチや、インフォテインメントシステムの操作スイッチ、ルーフの開閉スイッチなどが並ぶ。拡大
ステアリングコラムの付近に、赤く塗られたエンジン始動ボタンがレイアウトされる。
ステアリングコラムの付近に、赤く塗られたエンジン始動ボタンがレイアウトされる。拡大
ウインドディフレクターを装着した様子。後席は使用不可となるが、後方から運転席や助手席への風の巻き込みが抑えられる。
ウインドディフレクターを装着した様子。後席は使用不可となるが、後方から運転席や助手席への風の巻き込みが抑えられる。拡大
注目の記事PR
  • 谷口信輝がサーキットで「ルノー・メガーヌR.S.カップ」に試乗。その印象を動画でリポートする。
    谷口信輝がサーキットで「ルノー・メガーヌR.S.カップ」に試乗。その印象を動画でリポートする。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW M4クーペ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。