日産が「デイズ/デイズ ルークス」の先進安全装備の機能を強化

2018.05.28 自動車ニュース
「日産デイズ ハイウェイスター」
「日産デイズ ハイウェイスター」拡大

日産自動車は2018年5月28日、軽乗用車「デイズ」および「デイズ ルークス」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「デイズ ルークス ハイウェイスターX」
「デイズ ルークス ハイウェイスターX」拡大
 
日産が「デイズ/デイズ ルークス」の先進安全装備の機能を強化の画像拡大
 
日産が「デイズ/デイズ ルークス」の先進安全装備の機能を強化の画像拡大
 
日産が「デイズ/デイズ ルークス」の先進安全装備の機能を強化の画像拡大

今回の改良では、主に先進安全装備の機能強化が図られた。

全車に標準装備となっている、衝突回避を支援する「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」については、システムをレーザーレーダー方式からカメラ方式に変更。作動対象を歩行者にまで拡大(作動速度域は約10km/h~60km/h)したほか、車両に対する作動車速域を約10km/h~80km/hに拡大した。

アクセルとブレーキの踏み間違えによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」についても、センサーをレーザーレーダー方式からソナーおよびカメラ方式へと変更。軽自動車では初めて前進時に歩行者に対しても作動するようにした。さらに、後進時に壁などの障害物に対しても作動するよう機能を追加したほか、前後進時ともに低速衝突軽減ブレーキ機能を追加した。また、「ハイウェイスター」グレードでは車線逸脱警報を標準装備としている。

デイズ ルークスには、「アイスブルー」のボディーにホワイトルーフを組み合わせた2トーンカラーと、「プレミアムオリーブ」のボディーにホワイトルーフおよび「アッシュブラウン」のサイドミラーを組み合わせた3トーンカラーを設定。デイズ/デイズ ルークスともボディーカラーに「プレミアムオリーブ」「アッシュブラウン」「スターリングシルバー」を追加している。

価格はデイズが108万8640円から164万1600円まで。デイズ ルークスが124万5240円から188万6760円まで。

(webCG)

関連キーワード:
デイズ, デイズ ルークス, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 日産初の軽はこうして生まれた!
    「デイズ」開発の裏事情を関係者に聞く
    2019.4.19 デイリーコラム 日産と三菱の協業とはいうものの、事実上「初めて日産が開発した軽」として生まれた新型「デイズ」。そこに至る背景や、初の取り組みにおける苦労など、新型軽にまつわる“ここだけの話”をキーマンに聞いた。
  • レクサスRC Fトラックエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.1 試乗記 マイナーチェンジが行われた「レクサスRC F」に、日本での正式発表に先立ち米カリフォルニア州パームスプリングスで試乗。熱い走りを予感させる「トラックエディション」と名付けられた、新たなトップモデルのパフォーマンスに迫る。
ホームへ戻る