スマート誕生20周年を記念した特別仕様車発売

2018.06.15 自動車ニュース
「スマートBRABUSシグネチャースタイルエディション」
「スマートBRABUSシグネチャースタイルエディション」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年6月15日、スマートのハイパフォーマンスモデル「BRABUS」に特別仕様車「signature style edition(シグネチャースタイルエディション)」を設定し、50台の台数限定で発売した。

 
スマート誕生20周年を記念した特別仕様車発売の画像拡大
 
スマート誕生20周年を記念した特別仕様車発売の画像拡大
 
スマート誕生20周年を記念した特別仕様車発売の画像拡大
 
スマート誕生20周年を記念した特別仕様車発売の画像拡大
ボード・ブッシュマン氏は1977年、22歳のときにBRABUSを創業。メルセデス・ベンツ車のチューナーとして名を挙げる。2002年には「最も洗練されたスマートを共同開発する」ことを目的としてスマートBRABUSを設立し、CEOに就任。BRABUSブランドを、世界中にその名を知られるチューニングブランドに育て上げた。2018年4月に逝去。
ボード・ブッシュマン氏は1977年、22歳のときにBRABUSを創業。メルセデス・ベンツ車のチューナーとして名を挙げる。2002年には「最も洗練されたスマートを共同開発する」ことを目的としてスマートBRABUSを設立し、CEOに就任。BRABUSブランドを、世界中にその名を知られるチューニングブランドに育て上げた。2018年4月に逝去。拡大

今回のスマートBRABUSシグネチャースタイルエディションは、スマートブランドのデビュー20周年を記念して設定された特別仕様車である。「フォーツー/カブリオ」のトップパフォーマンスモデル「BRABUSエクスクルーシブ」をベースに、BRABUSの創業者、ボード・ブッシュマン氏のサイン入りシフトノブなどを特別装備する。

特別装備の内容は以下の通り。

【エクステリア】

  • BRABUSフロントスポイラー(チタニアグレー[マット])
  • BRABUSフロントバンパー
  • BRABUSサイドスカート(ボディー同色)
  • BRABUSサイドアクセント(チタニアグレー[マット])
  • ダークティンテッドハイマウントストップランプ
  • 専用サイドエンブレム(「BRABUS signature style」レタリング入り)
  • BRABUSホイールボルトカバー

【インテリア】

  • 専用BRABUSシフトノブ(ボード・ブッシュマン氏のサイン入り)
  • BRABUSスポーツペダル
  • BRABUSステップカバー
  • BRABUSパドルシフト(ブラック)
  • 専用BRABUSパーキングブレーキハンドル(アルミ+本革、「BRABUS signature style」ロゴ入り)

ボディーカラーはBRABUSフォーツー シグネチャースタイルエディションが「ディープブラック」(限定20台)と「チタニアグレー(マット)」(同5台)の2色展開、BRABUSカブリオ シグネチャースタイルエディションが「クリスタルホワイト」(同20台)と「チタニアグレー(マット)」(同5台)の2色展開となっている。

価格はBRABUSフォーツー シグネチャースタイルエディションが325万円、BRABUSカブリオ シグネチャースタイルエディションが348万円。

(webCG)

関連キーワード:
フォーツー, フォーツーカブリオ, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • 「GP」モデルにインスパイアされた高性能な「MINIクラブマン」登場 2020.2.13 自動車ニュース BMWジャパンは2020年2月13日、「究極のスポーティードライビングと、高い実用性の両立」をうたう限定車「MINIジョンクーパーワークス クラブマンGPインスパイア―ドエディション」を日本に導入すると発表した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
ホームへ戻る