フォルクスワーゲンが“充電し放題”サービスをスタート

2018.07.04 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年7月4日、同社の電気自動車およびプラグインハイブリッド車をNCS充電ネットワークで充電する際に利用可能な会員サービス「フォルクスワーゲン充電カード」を発表し、提供を開始した。

今回のフォルクスワーゲン充電カードは、全国約2万基のNCS充電ネットワークを、割安な料金体系で利用できる、フォルクスワーゲンオーナー専用のサービスだ。普通・急速充電を月会費のみで利用し放題になる「プレミアムプラン」などを用意する。

料金プランと対応モデルは以下の通り。

【ベーシックプラン】

  • 普通充電器用(対応モデル:e-ゴルフ、ゴルフGTE、パサートGTE、パサートGTEヴァリアント/月会費:1400円/充電料金:1分あたり2.5円)
  • 普通・急速充電器併用(対応モデル:e-ゴルフ/月会費:3200円/充電料金:1分あたり2.5円<普通充電器>、1分あたり15円<急速充電器>)

【プレミアムプラン】

  • 普通・急速充電器併用(対応モデル:e-ゴルフ/月会費:5200円/充電料金:無料)

カードの発行手数料は無料。なお、法人会員はベーシックプランにのみ入会可能となっている。

(webCG)

 
フォルクスワーゲンが“充電し放題”サービスをスタートの画像拡大

関連キーワード:
e-ゴルフ, ゴルフGTE, パサートGTE, パサートGTEヴァリアント, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • メルセデスAMG C63 S(FR/9AT)/AMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.17 試乗記 急速にラインナップを充実させつつある、メルセデスのハイパフォーマンスブランドAMG。その中核を占める2台のスーパーセダン「C63 S」「E63 S 4MATIC+」にサーキットでむちをあて、日常走行ではわからない実力に触れた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
ホームへ戻る