フォルクスワーゲンが“充電し放題”サービスをスタート

2018.07.04 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年7月4日、同社の電気自動車およびプラグインハイブリッド車をNCS充電ネットワークで充電する際に利用可能な会員サービス「フォルクスワーゲン充電カード」を発表し、提供を開始した。

今回のフォルクスワーゲン充電カードは、全国約2万基のNCS充電ネットワークを、割安な料金体系で利用できる、フォルクスワーゲンオーナー専用のサービスだ。普通・急速充電を月会費のみで利用し放題になる「プレミアムプラン」などを用意する。

料金プランと対応モデルは以下の通り。

【ベーシックプラン】

  • 普通充電器用(対応モデル:e-ゴルフ、ゴルフGTE、パサートGTE、パサートGTEヴァリアント/月会費:1400円/充電料金:1分あたり2.5円)
  • 普通・急速充電器併用(対応モデル:e-ゴルフ/月会費:3200円/充電料金:1分あたり2.5円<普通充電器>、1分あたり15円<急速充電器>)

【プレミアムプラン】

  • 普通・急速充電器併用(対応モデル:e-ゴルフ/月会費:5200円/充電料金:無料)

カードの発行手数料は無料。なお、法人会員はベーシックプランにのみ入会可能となっている。

(webCG)

 
フォルクスワーゲンが“充電し放題”サービスをスタートの画像拡大

関連キーワード:
e-ゴルフ, ゴルフGTE, パサートGTE, パサートGTEヴァリアント, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン e-ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「cross up!」を再び日本導入 SUVスタイルに仕立てた「up!」の限定車 2019.12.4 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「up!」の限定モデル「cross up!」を発売。今回は2017年、2018年に続く3度目の日本導入で、販売台数は500台。SUVテイストなスタイリングに加え、プレミアムサウンドシステムをはじめとする充実した装備も魅力となっている。
ホームへ戻る