第6回:幅広い選択肢も魅力
輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)

2019.03.09 JAIA輸入車試乗会2019
JAIA合同試乗会の会場
JAIA合同試乗会の会場拡大

輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! 最終回となる第6回は、メジャー系がまだまだ続くドイツ編(その2)。「BMW X2 sDrive18i MスポーツX」「メルセデス・ベンツA180スタイル」「フォルクスワーゲンe-ゴルフ プレミアム」そして「ザ・ビートル デザインマイスター」の走りをリポートする。

BMW X2 sDrive18i MスポーツX
BMW X2 sDrive18i MスポーツX拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大

カッコいいほうが偉いんだ!
BMW X2 sDrive18i MスポーツX……484万円

2018年の夏に日本上陸直後のBMW X2を取材したところ、その出来栄えがとてもよく感じられた。ただし、テストしたのはトップグレードの「xDrive20i MスポーツX」(当時。その後にディーゼルの「xDrive18d MスポーツX」とMパフォーマンスモデルの「M35i」が追加された)。販売面での主力となる、よりベーシックなモデルに乗ってみたいと考えていたのだった。

詳しい方には無用の説明かもしれないが、sDrive18i MスポーツXは最高出力140ps/最大トルク220Nmの1.5リッター直3ターボエンジンを搭載したFF車である。ちなみに以前に取材したxDrive20i MスポーツXは同192ps/同280Nmの2リッター直4ターボエンジンを搭載した4WD車であり、MスポーツXというのはバンパーやホイールまわりなどの樹脂パーツがフローズングレーのコントラストカラーに変更されるだけでなく、よりハードなスポーツサスペンションも備わる豪華仕様で、標準仕様の「sDrive18i」も用意されている。

BMWグループ内で広く用いられている1.5リッター3気筒ユニットは「ボボボ」という実用車然としたサウンドにちょっと拍子抜けするものの、車重1500kgのボディーを動かすには十分以上だ。スポーツサスペンションによるキビキビとした動きが、エンジンスペック以上にスポーティーに感じられる要因かもしれない。ステアリングを切れば、ほとんどロールを伴わずにクイッと曲がる。ちなみにハードといっても、ドシンバタンといった類いの乗り心地ではなく、入力があるとコツンコツンと感じる程度のもので、理解したうえで乗れば実に楽しい。

X2は価格設定が面白い。一番ベーシックなsDrive18i(439万円)からsDrive18i MスポーツX(484万円)へのステップアップを試みた場合の差額は45万円となる。しかし、さらに1.5リッターターボから2リッターターボに、すなわちxDrive20i MスポーツX(518万円)にステップアップするためのお代は34万円となっている。ちなみに日本上陸当初は「xDrive20i」という、2リッターターボ搭載車ながらMスポーツX非装着グレードもラインナップされていて(現在はカタログ落ち)、こちらは473万円だった。長々と書き連ねて何が言いたいのかというと、X2ではよりパワフルになることよりも、よりカッコよくなるためにお金がかかるのである。ブランドの既存の価値観にとらわれないということを声高にうたいながらデビューしたX2の性格が、このあたりにも表れているように思う。

(文=webCG 藤沢/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.26 試乗記 BMWのニューモデル「X2」に試乗。メーカーが「スポーツ・アクティビティー・クーペ(SAC)」と呼ぶスタイリッシュなSUVに、“駆けぬける歓び”は備わっているのか!? 「BMW 320d」を足にする清水草一がチェックした。
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.26 試乗記 “アンフォロー”をテーマに、ブランドの既存のルールにとらわれない独特な立ち位置でデビューした「BMW X2」。しかし、いくら“鬼っ子”として振る舞っても、出自はなかなか隠せないもの。試乗を通じて感じたのは、あのクルマとの強い類似性だった。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2020.4.3 試乗記 スタイリッシュなマツダの新型SUV「CX-30」に、新世代ガソリンエンジン搭載モデルが登場。大きな期待を胸にステアリングを握った筆者だったが、その走りには、気になる点がないわけではなかった。
  • ボルボXC90 D5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.31 試乗記 2019年に全ラインナップを新世代に移行させたボルボだが、攻勢の手を緩めるつもりはないようだ。プレミアムブランドとしてのボルボの“元祖”である「XC90」が初のビッグマイナーチェンジを受けた。箱根の山中でその進化の度合いを探った。
  • 1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」の限定車が登場 2020.3.12 自動車ニュース 1980年代に発売されたAE86型「スプリンター トレノ」の限定車をイメージ。トヨタのFRスポーツカー「86(ハチロク)」に、特別仕立ての内外装や足まわりを特徴とする「86 GT“ブラックリミテッド”」が設定された。
ホームへ戻る