シンプルに、よりシンプルに
新型「CLS」に見るこれからの“メルセデスデザイン”

2018.07.13 デイリーコラム

“官能的純粋”とメルセデス特有のプロポーション

プレミアムセグメントにおいて4ドアクーペの市場を切り開いた「メルセデス・ベンツCLS」。その3代目が日本でもデビューした。相変わらず伸びやかなサイドシルエットを持つCLSだが、実はこのモデルから“メルセデスデザイン”は新たな一歩を踏み出しているのだ。

昨今のメルセデスが掲げるデザイン哲学は“Sensual Purity(官能的純粋)”。恋に落ちるような、心に響くホット。そして、これまで見たこともない理性的なもの。この2つを両立させるという哲学だ。

もうひとつ、例えばフロントオーバーハングは短く、フロントホイールからAピラーの付け根までの距離(ダッシュ・トゥ・アクスルという)は長くとり、キャビンを相対的に後方に配置するFR独特のプロポーションは不変とされている。ダイムラーにおいて乗用車エクステリアデザインを統括するロバート・レズニック氏は、これを「メルセデス特有のプロポーションだ」という。それらを踏まえ、ボディーサイズやキャラクターに合わせ、面構成やディテール、またドロッピングラインやウエッジラインを使い分けて、スポーティーさやエレガンス、高級感を醸し出していたのだ。

しかし新型CLSを見ると、クルマを特徴づける要素であるはずのキャラクターラインが消えている。レズニック氏はこれを「Sensual Purity 1.0から2.0への進化」という。そのスタートが新型CLSなのだ。

レズニック氏はここ最近のメルセデスのデザインについて、「1.0は『Eクラス』で完結したと考えています。ちょうど2012~2013年には『Sクラス』や『Aクラス』もデビューしました。特にAクラスはより目立つ、ドラマチックな表現が必要でしたので、キャラクターラインも多く入れ、同様に他のクラスもそういった傾向が取られました」と振り返る。しかし、「少し線が多すぎました」と反省。そこで2.0では“シンプル”がキーワードとなった。

新型「メルセデス・ベンツCLS」
新型「メルセデス・ベンツCLS」拡大
現在メルセデス・ベンツは、情熱的なものと理性的なものという、2つの相反する要素を両立する“Sensual Purity(官能的純粋)”というテーマのもとに、製品をデザインしている。
現在メルセデス・ベンツは、情熱的なものと理性的なものという、2つの相反する要素を両立する“Sensual Purity(官能的純粋)”というテーマのもとに、製品をデザインしている。拡大
発表会において、新型「CLS」の特徴を説明するロバート・レズニック氏。ダイムラーにおいて、乗用車のエクステリアデザインを統括する人物である。
発表会において、新型「CLS」の特徴を説明するロバート・レズニック氏。ダイムラーにおいて、乗用車のエクステリアデザインを統括する人物である。拡大
レズニック氏が「“Sensual Purity 1.0”はこれで完結した」と述べる、現行型「Eクラス」。
レズニック氏が「“Sensual Purity 1.0”はこれで完結した」と述べる、現行型「Eクラス」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る