マセラティが「レヴァンテGTS」を世界初公開

2018.07.13 自動車ニュース
「マセラティ・レヴァンテGTS」
「マセラティ・レヴァンテGTS」拡大

伊マセラティは2018年7月12日(現地時間)、英国で開催されている自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、SUV「レヴァンテ」の高性能モデル「レヴァンテGTS」を世界初公開した。

 
マセラティが「レヴァンテGTS」を世界初公開の画像拡大
 
マセラティが「レヴァンテGTS」を世界初公開の画像拡大
 
マセラティが「レヴァンテGTS」を世界初公開の画像拡大
 
マセラティが「レヴァンテGTS」を世界初公開の画像拡大
 
マセラティが「レヴァンテGTS」を世界初公開の画像拡大

今回のレヴァンテGTSは、2018年3月のニューヨーク国際オートショーでデビューしたレヴァンテのトップグレード「トロフェオ」の弟分にあたるモデルだ。トロフェオがパフォーマンスを追求したのに対し、GTSはスポーティーさとエレガンスを極めたとうたわれている。

パワーユニットには3.8リッターV8ツインターボエンジンを採用。最高出力550ps、最大トルク730Nmを生み出すこのユニットは、他のマセラティのガソリンエンジンと同様、フェラーリのマラネロ工場で組み立てられる。トランスミッションはZF製の8段ATが組み合わされ、駆動方式は4WD。動力性能は0-100km/h加速が4.2秒、最高速が292km/hと公表されている。

専用チューニングを受けたシャシーには、新たに車両統合制御システム(IVC)が組み込まれる。従来のESPとは異なり、ドライバーのミスを修正するだけでなく、車両のコントロール性維持にも寄与するという。

エクステリアでは、トロフェオと同様、フロントフェイスの下部とリアバンパーに新デザインを採用。スポーティーさとエレガンスを表現している。

インテリアは、フルプレミアムレザー仕立てが標準。オプションとしてフルグレインピエノフィオーレナチュラルレザー仕立てを設定したほか、スポーツペダルや14スピーカー使用のharman/kardonオーディオシステムも採用した。また、ディスプレイのグラフィックやエアコンの操作系なども改良している。

レヴァンテGTSの生産は、2018年5月からイタリア・トリノのミラフィオーリ工場で始まっており、日本には同年秋に導入される見込みとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
レヴァンテ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ レヴァンテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.9.13 試乗記 欧州製4ドアクーペの元祖、「メルセデス・ベンツCLS」が3代目にモデルチェンジ。“新世代メルセデスデザイン”の嚆矢(こうし)として語られることの多い新型CLSだが、実車に触れてみると、ほかにも多くの特筆すべきポイントが見受けられたのだった。
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
ホームへ戻る