ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入

2018.07.19 自動車ニュース
「ホンダ・クラリティPHEV」
「ホンダ・クラリティPHEV」拡大

本田技研工業は2018年7月19日、新型車「ホンダ・クラリティPHEV」を同年7月20日に発売すると発表した。

 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大
 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大
 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大
 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大
 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大
 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大
 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大
 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大
 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大
 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大
 
ホンダが「クラリティPHEV」を日本に導入の画像拡大

電気だけで114.6kmの距離を走行可能

今回の新型車は、ホンダの電動パワートレイン専用車「クラリティ」シリーズのプラグインハイブリッドモデル(PHEV)である。クラリティについては、日本でリース販売されている燃料電池車「クラリティ フューエルセル」に加え、アメリカなどでは電気自動車の「クラリティ エレクトリック」、PHEVの「クラリティ プラグインハイブリッド」も販売されており(クラリティ エレクトリックはリース販売のみ)、今回そのプラグインハイブリッドモデルが、一足遅れて日本にも導入されることとなった。

パワープラントは、走行用モーターと発電用モーターを個別に持つホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」をベースとしており、エンジンにはアトキンソンサイクルの1.5リッター直4自然吸気を採用。走行用モーターの最高出力は184ps、最大トルクは315Nmで、17kWhの容量を持つ高出力バッテリーとの組み合わせにより、EV走行可能距離114.6km、EV最高速160km/hを実現している。

パワートレインの作動状態は3種類で、バッテリー残量が十分な場合は、その電力のみを用いて走行用モーターを駆動(EVドライブ)。高負荷領域やバッテリー残量が少ない場合は、エンジンで発電しながらのハイブリッド走行となる(ハイブリッドドライブ)。また、バッテリー残量が少ない状態での高速巡航時には、エンジンの力を直接前輪に伝達して走行する(エンジンドライブ)。

これらのドライブモードの制御、切り替えはシステムが自動で行う形となっているが、「HVモード」のスイッチを押すことで、ドライバーが任意でバッテリーの充電を優先させることも可能。またこれとは別に、パワープラントにはスタンダードな制御の「ノーマル」、燃費優先の「ECON」、スロットル重視の「スポーツ」という、3つの走行モードが用意されている。

外部充電に関しては、AC100V、AC200Vの普通充電に加え、CHAdeMO規格の急速充電にも対応しており、約30分でバッテリー容量の80%まで充電できる。また、急速充電中でも車内でエアコンやオーディオなどが使用できる「コンフォートチャージ」機能も装備している。さらに、最大供給量AC3kWの外部給電機能も採用しており、最大で一般家庭が使用するおよそ6日分の電力を供給することが可能となっている。

高効率のパッケージングや充実した装備にも注目

電動車専用プラットフォームがかなえた実用的なパッケージングもクラリティPHEVの特徴となっている。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4915×1875×1480mmというもので、薄型の走行用バッテリーを乗車スペースの床下に、燃料タンクを荷室下に配置することで、大人5人が乗車できる車内空間を実現。トランクルームには9.5型のゴルフバッグを4個積めるスペースを確保している。

装備も充実しており、衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、車線維持支援システムなどといった先進安全装備や運転支援システムを標準で採用。充電システムや電装品の遠隔操作にも対応しており、専用のアプリケーションにより、スマートフォンを介してバッテリーの残量や走行可能距離、車内温度の確認、エアコンのオン/オフ操作などが可能となっている。

ボディーカラーは全6色で、「コバルトブルー・パール」「プレミアムディープロッソ・パール」「プラチナホワイト・パール」の3色には「ホワイトアイボリー」のインテリアが、「スーパープラチナ・メタリック」「モダンスティール・メタリック」「クリスタルブラック・パール」の3色には「ブラック」のインテリアが組み合わされる。

価格は588万0600円。

(webCG)

関連キーワード:
クラリティPHEV, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2018.8.24 試乗記 ホンダの次世代環境対応車「クラリティ」シリーズに、第3のモデル「クラリティPHEV」が登場。プラグインハイブリッド車としての高い性能を、制約の多いセダンボディーでかなえた同車に、技術オリエンテッドな“ホンダらしさ”を見た。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2019.1.22 試乗記 3.5リッターV6ツインターボエンジン+トリプルモーターを搭載したホンダのスーパースポーツ「NSX」が、デビュー以来初のマイナーチェンジを受けた。新たに開発責任者に日本人を据えたことで、走りの味付けはどのように変化したのだろうか。
ホームへ戻る