588万0600円は高いの? 安いの?
「ホンダ・クラリティPHEV」の値付けにモノ申す

2018.08.20 デイリーコラム

プレスリリースを思わず“二度見”

メーカーから配られた資料を、久々に二度見した。「ホンダ・クラリティPHEV」の価格設定、「EX」のモノグレードでお値段588万0600円なり。

いや、これ、高くないですか? ホンダの商品ラインナップの中で、スーパーカーの「NSX」、旗艦セダンの「レジェンド」に次ぐ高価格車ですよ。もちろん、この額をポンと払える裕福な人もいるだろうし、588万でもこのクルマが欲しいという人もいるでしょう。そういった御仁にとっては、この値付けは「高くない」ということになるのだろうが、問題はそういう人……この価格帯のプラグインハイブリッドセダンの購入を本気で検討できる人が、どれくらいいるかということだ。

わざわざ指摘するまでもないが、そもそもクラリティPHEVが乗り出そうとしている市場自体、状況が芳しくない。「500万円台後半を価格帯に含む大きめのセダンで、取りあえず売れてるクルマ」なんて、「トヨタ・クラウン」以外にあったっけ? 「日産フーガ」は推して知るべし。後は輸入車ばかりだが、こちらは羽振りのいい話を聞いたとしても、そもそも“国内シェア1割未満”という特殊な世界の出来事だからねえ……。

またPHEVというくくりで見ても、この価格設定はずいぶん野心的だ。おおざっぱな比較だが、「トヨタ・プリウスPHV」の車両本体価格(税込み)が326万1600円から422万2800円、間もなく大幅改良を受ける予定の「三菱アウトランダーPHEV」は(今のところ)365万9472円から478万9260円、かつてホンダがリース販売していた「アコード プラグインハイブリッド」も、お値段は500万円だった。少なくともクラリティPHEVは、既存の国産プラグインハイブリッド車と比較検討するような層を想定した価格設定とはなっていない。

リースなどではなく、ホンダが初めて普通に販売するプラグインハイブリッド車の「クラリティPHEV」。北米では一足お先に、2017年12月に発売されている。
リースなどではなく、ホンダが初めて普通に販売するプラグインハイブリッド車の「クラリティPHEV」。北米では一足お先に、2017年12月に発売されている。拡大
「クラリティPHEV」のお値段は588万0600円。これより高いホンダ車は「NSX」(2370万円)と「レジェンド」(707万4000円)くらいしかない。
「クラリティPHEV」のお値段は588万0600円。これより高いホンダ車は「NSX」(2370万円)と「レジェンド」(707万4000円)くらいしかない。拡大
同じ国産プラグインハイブリッド車の「トヨタ・プリウスPHV」(左)と「三菱アウトランダーPHEV」(右)。
同じ国産プラグインハイブリッド車の「トヨタ・プリウスPHV」(左)と「三菱アウトランダーPHEV」(右)。拡大
2013年12月に、個人ユーザー向けのリースが開始された「アコード プラグインハイブリッド」。400台限定で、価格は500万円だった。
2013年12月に、個人ユーザー向けのリースが開始された「アコード プラグインハイブリッド」。400台限定で、価格は500万円だった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2018.8.24 試乗記 ホンダの次世代環境対応車「クラリティ」シリーズに、第3のモデル「クラリティPHEV」が登場。プラグインハイブリッド車としての高い性能を、制約の多いセダンボディーでかなえた同車に、技術オリエンテッドな“ホンダらしさ”を見た。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
ホームへ戻る