ハイパーEVやランボルギーニのライバルも!?
新型アストンマーティンに注目せよ!

2018.07.20 デイリーコラム

だいたいご存じでしょう?

2018年6月16日、ルマン24時間レースの決勝がスタートする数時間前のパドックで、僕はアストンマーティンのCEOであるアンディ・パーマーさんとばったり出くわした。

まぁ不思議はない。アストンマーティンは長年ルマンに参戦を繰り返していて、昨年などまさしく激闘といえる激闘の末にLM-GTE Proクラスを制した勝者でもある。今シーズンもルマンを含むWEC(世界耐久選手権)に新型「ヴァンテージ」で参戦してもいる。そのブランドのボスなのだから、ルマンにいても少しもおかしくない。

パーマーさんは忙しそうだった。1~2分だけ立ち話をすると、彼は「おっ、行かなきゃ。後でまた私たちのホスピタリティーブースでお会いしましょう」と、ニッコリ笑いながら立ち去っていった。

その“後でまた”の時間が訪れたのは、レースがスタートして3~4時間後。デビューしたばかりでマシンがまだ仕上がっていないうえ、今年はBoP(Balance of Performance=性能調整)の締め付けが厳しくつらい戦いを強いられている「ヴァンテージAMR」の話からスタートした。そして、ちょうど乗らせてもらったばかりの(その時点での)最新モデル「DB11 AMR」を僕が称賛し、その勢いでその後のニューモデルの展開なんぞを尋ねてみた。パーマーさんは「予定どおり、『DBSスーパーレッジェーラ』をもうじき発表します。それ以外は……だいたいご存じでしょう?」とニコやかだ。きっとDBSの後のモデルたちも、ほぼ予定どおりに進んでるのだろうな、と思った。

……そう。アストンの今後のモデル展開については、“だいたいご存じ”なのである。なぜならば、ボスであるパーマーさんも、副社長でありクリエイティブ部門のトップでもあるマレック・ライヒマンさんもそうなのだけど、彼らは変に隠したりしないからだ。開発計画については、ふたりともこれまで何度もインタビューさせていただいてきた中で当たり前のように教えてくれたり、少し考えたら誰でも分かるような濃厚なヒントをくれたり。モーターショーのプレスカンファレンスなどで「このモデルは何年に正式発表する」と具体的に語ることもあった。そうした点と点を集めて系統立ててまとめようと、誰もしてこなかっただけだ。

 
ハイパーEVやランボルギーニのライバルも!?新型アストンマーティンに注目せよ!の画像拡大
アストンマーティン・ラゴンダのCEOを務めるアンディ・パーマーさん。この先、どんなニューモデルでわれわれを楽しませてくれるのだろうか?
アストンマーティン・ラゴンダのCEOを務めるアンディ・パーマーさん。この先、どんなニューモデルでわれわれを楽しませてくれるのだろうか?拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(FR/8AT)【試乗記】 2021.1.4 試乗記 新世代の「アストンマーティン・ヴァンテージ」にオープントップバージョン「ロードスター」が登場。早速ステアリングを握った筆者は、予想以上の官能性あふれる走りに、すっかり夢中になったのだった。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • アストンマーティンが「ヴァンテージF1エディション」発表 最高出力535PSの高性能モデル 2021.3.23 自動車ニュース アストンマーティンが「ヴァンテージF1エディション」を発表した。アストンのF1復帰を記念して設定されたヴァンテージの高性能モデルで、F1のセーフティーカー開発から技術をフィードバック。エンジン出力向上に加え、シャシーや空力パーツにも改良を施している。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る