ハイパーEVやランボルギーニのライバルも!?
新型アストンマーティンに注目せよ!

2018.07.20 デイリーコラム

だいたいご存じでしょう?

2018年6月16日、ルマン24時間レースの決勝がスタートする数時間前のパドックで、僕はアストンマーティンのCEOであるアンディ・パーマーさんとばったり出くわした。

まぁ不思議はない。アストンマーティンは長年ルマンに参戦を繰り返していて、昨年などまさしく激闘といえる激闘の末にLM-GTE Proクラスを制した勝者でもある。今シーズンもルマンを含むWEC(世界耐久選手権)に新型「ヴァンテージ」で参戦してもいる。そのブランドのボスなのだから、ルマンにいても少しもおかしくない。

パーマーさんは忙しそうだった。1~2分だけ立ち話をすると、彼は「おっ、行かなきゃ。後でまた私たちのホスピタリティーブースでお会いしましょう」と、ニッコリ笑いながら立ち去っていった。

その“後でまた”の時間が訪れたのは、レースがスタートして3~4時間後。デビューしたばかりでマシンがまだ仕上がっていないうえ、今年はBoP(Balance of Performance=性能調整)の締め付けが厳しくつらい戦いを強いられている「ヴァンテージAMR」の話からスタートした。そして、ちょうど乗らせてもらったばかりの(その時点での)最新モデル「DB11 AMR」を僕が称賛し、その勢いでその後のニューモデルの展開なんぞを尋ねてみた。パーマーさんは「予定どおり、『DBSスーパーレッジェーラ』をもうじき発表します。それ以外は……だいたいご存じでしょう?」とニコやかだ。きっとDBSの後のモデルたちも、ほぼ予定どおりに進んでるのだろうな、と思った。

……そう。アストンの今後のモデル展開については、“だいたいご存じ”なのである。なぜならば、ボスであるパーマーさんも、副社長でありクリエイティブ部門のトップでもあるマレック・ライヒマンさんもそうなのだけど、彼らは変に隠したりしないからだ。開発計画については、ふたりともこれまで何度もインタビューさせていただいてきた中で当たり前のように教えてくれたり、少し考えたら誰でも分かるような濃厚なヒントをくれたり。モーターショーのプレスカンファレンスなどで「このモデルは何年に正式発表する」と具体的に語ることもあった。そうした点と点を集めて系統立ててまとめようと、誰もしてこなかっただけだ。

 
ハイパーEVやランボルギーニのライバルも!?新型アストンマーティンに注目せよ!の画像拡大
アストンマーティン・ラゴンダのCEOを務めるアンディ・パーマーさん。この先、どんなニューモデルでわれわれを楽しませてくれるのだろうか?
アストンマーティン・ラゴンダのCEOを務めるアンディ・パーマーさん。この先、どんなニューモデルでわれわれを楽しませてくれるのだろうか?拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティンDB11 AMR 2018.5.15 画像・写真 英アストンマーティンは、ハイチューンを施した5.2リッターV12ターボエンジンを搭載する、新たな高性能モデル「アストンマーティンDB11 AMR」を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • 第583回:レースと市販モデルの関係性とは?
    アストンマーティンのワークスドライバーに聞いた
    2019.8.10 エディターから一言 2019年8月3日~4日に富士スピードウェイで行われた、SUPER GT第5戦出場のためにアストンマーティンのワークスドライバー、ダレン・ターナー選手が英国より来日。アストンマーティンの市販モデルにはどんな魅力があるのか、レーシングマシンをよく知るプロの意見を聞いた。
  • 8代目「シボレー・コルベット」が登場 ミドシップの駆動レイアウトを初採用 2019.7.19 自動車ニュース GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット」を発表。コルベット史上初となるMRの駆動レイアウトが用いられており、495hpを発生するエンジンと軽量ボディーの組み合わせにより、0-60mph(96km/h)加速3秒以下という動力性能を実現している。
ホームへ戻る