NISMOロードカー第7弾、「日産リーフNISMO」登場

2018.07.19 自動車ニュース
「日産リーフNISMO」
「日産リーフNISMO」拡大

日産自動車は2018年7月19日、電気自動車「リーフ」にスポーティーモデル「NISMO」を設定し、同年7月31日に発売すると発表した。

 
NISMOロードカー第7弾、「日産リーフNISMO」登場の画像拡大
 
NISMOロードカー第7弾、「日産リーフNISMO」登場の画像拡大
 
NISMOロードカー第7弾、「日産リーフNISMO」登場の画像拡大
 
NISMOロードカー第7弾、「日産リーフNISMO」登場の画像拡大
 
NISMOロードカー第7弾、「日産リーフNISMO」登場の画像拡大
 
NISMOロードカー第7弾、「日産リーフNISMO」登場の画像拡大
 
NISMOロードカー第7弾、「日産リーフNISMO」登場の画像拡大
 
NISMOロードカー第7弾、「日産リーフNISMO」登場の画像拡大

今回のリーフNISMOは、「ジュークNISMO」「マーチNISMO」「ノートNISMO」「フェアレディZ NISMO」「GT-R NISMO」「セレナNISMO」に続く、NISMOロードカーシリーズの第7弾となるモデルだ。

エクステリアには、NISMOロードカーシリーズの特徴である「レイヤードダブルウイング」を装着。Cd値を悪化させることなくダウンフォースを向上させたという。このほかNISMO専用18インチアルミホイールも装備する。

インテリアには、3本スポークステアリングのセンターマークなど随所にNISMOのアイコニックカラーであるレッドのアクセントを採用。インパネには専用のカーボン調フィニッシャーの、シフトセレクターにはガンメタクロームの加飾がそれぞれ施される。

走行性能については、ドライバーの意のままの走りを実現するべく、専用ハイグリップタイヤやサスペンションを採用。電動パワーステアリングやインテリジェントトレースコントロール(コーナリング安定性向上システム)にも専用チューニングが施される。また、NISMOならではの力強く俊敏なアクセルレスポンスを実現したというコンピューター(VCM)もリーフNISMOの専用品となっている。

リーフNISMOの主な専用装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • NISMO専用エンブレム(フロント・リア)
  • 専用LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントバンパー
  • 専用サイドターンランプ付き電動格納式リモコンブラックドアミラー(キーロック連動格納機能付き)
  • 専用サイドシルプロテクター
  • 専用リアバンパー
  • 専用リアフォグランプ

【インテリア】

  • 専用本革・アルカンターラ巻き3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ、ガンメタクローム加飾付き)
  • 専用電制シフト(Bレンジ付き、ガンメタクローム加飾)
  • 専用コンビメーター(NISMOロゴ入り、ガンメタクローム加飾付き)
  • 専用カーボン調フィニッシャー(インストゥルメントパネル)
  • NISMO専用エンブレム
  • 専用レッドフィニッシャー(エアコン吹き出し口、パワースイッチ)
  • 専用シート地&ドアトリムクロス(レッド&グレー ツインステッチ付き)

【シャシーほか】

  • 専用18インチアルミホイール&「コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5」タイヤ
  • 専用車速感応式電動パワーステアリング
  • 専用サスペンション(ショックアブソーバー)
  • 専用電動型制御ブレーキ
  • 専用チューニングコンピューター(VCM)
  • 専用インテリジェントトレースコントロール(コーナリング安定性向上システム)
  • 専用VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])
  • 専用ABS(アンチロックブレーキシステム)

ボディーカラーは「ブリリアントシルバー/スーパーブラック 2トーン」「ダークメタルグレー/スーパーブラック 2トーン」のNISMO専用コーディネート2種類を含む、全9種類展開となる。

価格は403万2720円。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
  • スペック的にはお買い得なのに? 「日産リーフ」が苦境を迎えている理由 2021.2.24 デイリーコラム 日本を代表する電気自動車である「日産リーフ」の販売台数がここにきて急落している。航続可能距離322kmで332万円からというスペックは、最新のライバル車と比較しても決してヒケをとらないのだが……。苦戦の理由を清水草一が考えた。
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る