プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載

2018.07.23 自動車ニュース
「プジョー3008GT BlueHDi」
「プジョー3008GT BlueHDi」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「プジョー3008/5008」の2リッターディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のトランスミッションを6段ATから8段ATへと変更し、2018年7月19日に発売した。

「プジョー5008GT BlueHDi」
「プジョー5008GT BlueHDi」拡大
 
プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載の画像拡大
 
プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載の画像拡大
 
プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載の画像拡大

今回の8段AT「EAT8」は、仏グループPSAの設計に基づき、アイシン・エィ・ダブリュが製造するもの。同様の変更がすでに「プジョー308」にも行われている。

あわせて「3008アリュールLEDパッケージ」にアクティブクルーズコントロール機能が追加設定された。

価格は3008GT BlueHDiが従来モデルから4万円アップの448万円、5008GT BlueHDiが同じく4万円アップの473万円、3008アリュールLEDパッケージが同6万円アップの375万円。

また、3008および5008シリーズの新たなパッケージオプションとして、飛行機のファーストクラスをイメージしたという「ファーストクラスパッケージ」(30万円)および同パッケージにナッパレザーシートを組み合わせた「ファーストクラスパッケージ+ナッパレザーシート」(60万円)が追加設定された。

ファーストクラスパッケージの内容は以下の通り。

  • 運転席メモリー付き電動シート&マルチポイントランバーサポート 
  • 前席シートヒーター
  • フロントカメラ<360度ビジョン>(ワイドバックアイカメラにフロントカメラが追加されふかん映像の精度向上)
  • パークアシスト
  • パノラミックガラスルーフ

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • 日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催 2019.10.18 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーブランドの体感イベント「プジョーショー2019 -UNBORING THE FUTURE-(アンボーリング・ザ・フューチャー)」(会期:2019年10月19日~26日)の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • 第143回:ねらえ! リッター30km 2019.9.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第143回は「ねらえ! リッター30km」。BlueHDi搭載の「プジョー308」が驚きの低燃費をマーク! ディーゼル車の燃費には、まだ伸びる余地があるのか!? リッター30kmを目標に、激安中古の「BMW 320d」でエコランに挑戦。
ホームへ戻る