プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載

2018.07.23 自動車ニュース
「プジョー3008GT BlueHDi」
「プジョー3008GT BlueHDi」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「プジョー3008/5008」の2リッターディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のトランスミッションを6段ATから8段ATへと変更し、2018年7月19日に発売した。

「プジョー5008GT BlueHDi」
「プジョー5008GT BlueHDi」拡大
 
プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載の画像拡大
 
プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載の画像拡大
 
プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載の画像拡大

今回の8段AT「EAT8」は、仏グループPSAの設計に基づき、アイシン・エィ・ダブリュが製造するもの。同様の変更がすでに「プジョー308」にも行われている。

あわせて「3008アリュールLEDパッケージ」にアクティブクルーズコントロール機能が追加設定された。

価格は3008GT BlueHDiが従来モデルから4万円アップの448万円、5008GT BlueHDiが同じく4万円アップの473万円、3008アリュールLEDパッケージが同6万円アップの375万円。

また、3008および5008シリーズの新たなパッケージオプションとして、飛行機のファーストクラスをイメージしたという「ファーストクラスパッケージ」(30万円)および同パッケージにナッパレザーシートを組み合わせた「ファーストクラスパッケージ+ナッパレザーシート」(60万円)が追加設定された。

ファーストクラスパッケージの内容は以下の通り。

  • 運転席メモリー付き電動シート&マルチポイントランバーサポート 
  • 前席シートヒーター
  • フロントカメラ<360度ビジョン>(ワイドバックアイカメラにフロントカメラが追加されふかん映像の精度向上)
  • パークアシスト
  • パノラミックガラスルーフ

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • 「プジョー308/308SW」に特別仕様車 装備充実を図った「テックパックエディション」発売 2019.8.20 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年8月20日、プジョーブランドのハッチバック車「308」およびステーションワゴン「308SW」に特別仕様車「TECH PACK EDITION(テックパックエディション)」を設定し、販売を開始した。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
ホームへ戻る