プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載

2018.07.23 自動車ニュース
「プジョー3008GT BlueHDi」
「プジョー3008GT BlueHDi」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「プジョー3008/5008」の2リッターディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のトランスミッションを6段ATから8段ATへと変更し、2018年7月19日に発売した。

「プジョー5008GT BlueHDi」
「プジョー5008GT BlueHDi」拡大
 
プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載の画像拡大
 
プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載の画像拡大
 
プジョーが「3008/5008」のディーゼル車に8段ATを搭載の画像拡大

今回の8段AT「EAT8」は、仏グループPSAの設計に基づき、アイシン・エィ・ダブリュが製造するもの。同様の変更がすでに「プジョー308」にも行われている。

あわせて「3008アリュールLEDパッケージ」にアクティブクルーズコントロール機能が追加設定された。

価格は3008GT BlueHDiが従来モデルから4万円アップの448万円、5008GT BlueHDiが同じく4万円アップの473万円、3008アリュールLEDパッケージが同6万円アップの375万円。

また、3008および5008シリーズの新たなパッケージオプションとして、飛行機のファーストクラスをイメージしたという「ファーストクラスパッケージ」(30万円)および同パッケージにナッパレザーシートを組み合わせた「ファーストクラスパッケージ+ナッパレザーシート」(60万円)が追加設定された。

ファーストクラスパッケージの内容は以下の通り。

  • 運転席メモリー付き電動シート&マルチポイントランバーサポート 
  • 前席シートヒーター
  • フロントカメラ<360度ビジョン>(ワイドバックアイカメラにフロントカメラが追加されふかん映像の精度向上)
  • パークアシスト
  • パノラミックガラスルーフ

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • アウディA1スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.6 試乗記 1984年に登場したアウディの「スポーツクワトロ」を連想させるモチーフがそこかしこに用いられた、2代目「A1スポーツバック」。同社のエントリーモデルとしてはもちろん、コンパクトなプレミアムモデルとしても注目度の高い、この新型車の魅力とは?
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 2019.11.27 試乗記 次世代エンジンとして注目を集めてきた「スカイアクティブX」を搭載した「マツダ3」が、いよいよ日本の道を走りだす。既存の2リッターエンジン比でおよそ70万円アップ、夢のエンジンに投じるお金でどんな世界が見られるのだろうか。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
ホームへ戻る