コンチネンタルからウエット路面にも強い冬用タイヤ登場

2018.07.24 自動車ニュース
「コンチネンタル・バイキングコンタクト7」
「コンチネンタル・バイキングコンタクト7」拡大

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは2018年7月24日、スタッドレスタイヤの新製品「VikingContact 7(バイキングコンタクト セブン)」を同年9月に発売すると発表した。

 
コンチネンタルからウエット路面にも強い冬用タイヤ登場の画像拡大

欧州で鍛えられた「バイキングコンタクト」の新製品

バイキングコンタクト7は、コンチネンタルのスタッドレスタイヤ「バイキングコンタクト」シリーズの新製品で、同シリーズの特徴とされる優れたウインター性能とドライ路面でのハンドリング性能に加え、高いウエット性能も実現しているという。

コンパウンドには、多数のシリカ分子が機能化ポリマーと結合し、高密度かつ均一に分布した「アクティブ・グリップ・シリカ」を配合することで、ウエット路面でのグリップ性能、ブレーキ性能を強化。また低温下でも柔軟性を保たせる菜種オイルの配合により、路面温度の低い冬の道路でも優れたグリップ性能を発揮するという。

シリーズ初の左右対称パターンもバイキングコンタクト7の特徴で、斜めに走るメイングルーブがタイヤ中央部から水やシャーベット状の雪を一気に排出することで、ハイドロプレーニング現象やシャーベットプレーニング現象の発生を抑制。また溝とブロックの最適なバランスによって有効接地面積を増やし、高速走行時においても優れたコントロール性を実現している。

ウインター性能の改善も図っており、雪柱せん断力の強化、有効接地面積の拡大などを通し、雪上路、氷路面でのトラクションとブレーキング性能を向上させている。

サイズは175/65R14から275/40R20までの60種類。オープン価格での販売となる。

(webCG)
 

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事