「プジョー208」に充実装備の特別仕様車が登場

2018.07.24 自動車ニュース
「プジョー208テックパックエディション」
「プジョー208テックパックエディション」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年7月24日、コンパクトカー「プジョー208」に特別仕様車「テックパックエディション」を設定し、400台限定で販売を開始した。

 
「プジョー208」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「プジョー208」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「プジョー208」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、上級グレード「アリュール」をベースにより装備を充実させたもので、208シリーズでは初となるバックアイカメラや、パークアシスト機能、Apple CarPlayに対応するスマートフォン接続機能「ミラースクリーン」、新デザインの16インチホイールなどが採用されている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • バックアイカメラ
  • フロントソナー&パークアシスト(縦列駐車のみ)
  • 限定車エンブレム(左右フロントドア前部)
  • 16インチ新デザインアロイホイール
  • パノラミックガラスルーフ(10万円の有償オプション)
  • プジョーミラースクリーン

価格はアリュールから据え置きの237万円。

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る