「BMW X5」の限定車、白と黒の2タイプ発売

2018.07.30 自動車ニュース
「BMW X5リミテッドブラック」
「BMW X5リミテッドブラック」拡大

BMWジャパンは2018年7月30日、「BMW X5」に特別仕様車「リミテッドブラック」および「リミテッドホワイト」を設定し、前者が110台の、後者が80台の台数限定で発売した。

「X5リミテッドホワイト」
「X5リミテッドホワイト」拡大
 
「BMW X5」の限定車、白と黒の2タイプ発売の画像拡大

今回の2タイプの限定車は、3リッター直6ディーゼルターボエンジン(最高出力258ps/最大トルク560Nm)を搭載した「X5 xDrive35d Mスポーツ」をベースに、内外装に多彩なアイテムを追加装備した特別仕様車である。

エクステリアでは、リミテッドブラックには「ブラックサファイア」の、リミテッドホワイトには「アルピンホワイト」のボディーカラーをそれぞれ採用。ブラックのMパフォーマンスキドニーグリルと20インチMライトアロイホイールも装備する。

インテリアでは、ブラックのダコタレザーシートを採用したほか、過去に人気のあったアイテムであるアルミニウムのヘキサゴントリムを復活させて特別装備。電動パノラマガラスサンルーフやharman/kardonサラウンドサウンドシステムも装備する。また、シリアルナンバー入りのバッジも備わる。

主な装備内容は以下の通り。

  • Mパフォーマンスキドニーグリル(ブラック)
  • 20インチMライトアロイホイール ダブルスポーク スタイリングM469(ブラック)
  • ダコタレザーシート(ブラック)
  • アルミニウムヘキサゴントリム(特別装備)
  • 電動パノラマガラスサンルーフ
  • リアシートヒーティング
  • ソフトクローズドア
  • 12V電源ソケット
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • harman/kardonサラウンドサウンドシステム
  • BMWヘッドアップディスプレイ
  • Mパフォーマンスアルミニウムペダル
  • 専用バッジ(シリアルナンバー入り)

価格はリミテッドブラックが1101万3000円、リミテッドホワイトが1092万円。

(webCG)

関連キーワード:
X5, BMW, 自動車ニュース

BMW X5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X7 2018.10.22 画像・写真 BMWが新しいフラッグシップSUV「X7」を発表。BMWとしては初となる3列シートの大型SUVで、最上級グレード「M50d」には400psの3リッター直6ディーゼルを搭載する。日本にも導入される予定のニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.4 試乗記 BMWのSAV(スポーツアクティビティービークル)「X5」の新型がいよいよ日本に上陸。世の中にプレミアムSUVというジャンルを生み出した、いわばパイオニアというべきモデルの最新バージョンは、今もなおカテゴリーリーダーといえる実力を備えているのだろうか。
  • 第5回:新型「XC60」のガソリン車とPHEVを乗り比べる 2017.12.19 徹底検証! ボルボXC60 新型「ボルボXC60」のガソリン車とPHEVで、古都・金沢までロングドライブ。新開発プラットフォームを採用した2代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 運転支援システムの使い勝手や燃費の情報とあわせて報告する。
  • 限定車「ルノー・カングー パナシェ」発売 5色のボディーカラーをラインナップ 2021.1.25 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年1月25日、「カングー」に特別仕様車「パナシェ」を設定し、380台の台数限定で販売を開始した。パナシェは「色彩を豊かにする」という意味を持つフランス語であり、5色のボディーカラーを設定している。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
ホームへ戻る