プレミアム感を高めた特別な「ハイエース」登場

2018.08.06 自動車ニュース
「トヨタ・ハイエース スーパーGL“DARK PRIME II”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」
「トヨタ・ハイエース スーパーGL“DARK PRIME II”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」拡大

トヨタ自動車は2018年8月6日、「ハイエース」および「レジアスエース」の特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME II”」と、ハイエースの誕生50周年を記念した特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」を発売した。このうちスーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は、2019年7月31日までの期間限定生産となる。

「レジアスエース スーパーGL“DARK PRIME II”(4WD・2700ガソリン・ワイドボディー)」
「レジアスエース スーパーGL“DARK PRIME II”(4WD・2700ガソリン・ワイドボディー)」拡大

特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME II”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」のインテリア。


	特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME II”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」のインテリア。
	拡大
「ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」
「ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」拡大

「ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」のインテリア。


	「ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディー)」のインテリア。
	拡大
「ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」のバックドアに装着される「50TH ANNIVERSARY」エンブレム。
「ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」のバックドアに装着される「50TH ANNIVERSARY」エンブレム。拡大

今回のスーパーGL“DARK PRIME II”は、ハイエースとレジアスエースの最上級グレード「スーパーGL」をベースに内外装の質感を向上させた特別仕様車。エクステリアはダークメッキを施したフロントグリルとバックドアガーニッシュが、インテリアはブラックのルーフ、ピラー、セパレーターバーが特徴となっている。

そのほか、スライドドアのスカッフプレートには車名ロゴとイルミネーションを装備。SRSエアバッグやプリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルト(助手席)も標準で備わる。ボディーカラーは、特別設定色「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」(オプション)を含む全5色がラインナップされる。

価格は、「2WD・2000ガソリン・標準ボディー」の313万9560円から、「4WD・2800ディーゼル・標準ボディー」の403万2720円まで。

もう一台のスーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は、ハイエースの最上級グレード「スーパーGL」がベース。漆黒メッキのフロントロアグリルや、高輝度塗装を施したフロントフォグランプベゼルおよびフルホイールキャップでドレスアップされている。

バックドアには「50TH ANNIVERSARY」エンブレムも装備。インテリアについては、ルーフ、ピラー、セパレーターバーをブラックで統一したほか、シート表皮にダークブラウン色のトリコット+合成皮革&ダブルステッチを採用。随所に茶木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾を施すことで、高級感と上質感を演出した。

「50TH ANNIVERSARY」エンブレム付きのスマートキーや、車名ロゴ&イルミネーション付きのスカッフプレート(スライドドア)、デュアルパワースライドドア、SRSエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルト(助手席)も備わる。

ボディーカラーは特別設定色「グラファイトメタリック」を含む全6色で、価格は「2WD・2000ガソリン・標準ボディー」の324万円から、「4WD・2800ディーゼル・標準ボディー」の413万3160円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ハイエースワゴン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイエースワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
  • BMWが「M550i xDrive」と「M5」の改良モデルを発表 「M5」には新しいブレーキシステムを搭載 2020.9.29 自動車ニュース BMWジャパンが「M550i xDrive」「M5」の改良モデルを日本に導入。運転支援システムやコネクテッド機能を強化するとともに、「M5」には「M8」ゆずりの新しいブレーキシステムや、ボタンひとつでADASなどの制御を切り替える「Mモード」を新採用した。
  • BMWが新型「M3セダン」と「M4クーペ」を世界初公開 2020.9.24 自動車ニュース 独BMWは2020年9月23日(現地時間)、「M3セダン」および「M4クーペ」の新型を世界初公開した。現行モデルと同様に標準モデルと高出力モデルを用意しており、後者には最高出力510PSの3リッター直6ツインターボエンジンを搭載している。
  • メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.24 試乗記 モデルラインナップは全7種類と、今や一大ファミリーとなったメルセデス・ベンツのSUV製品群。その中核をなすのが「GLE」だ。4代目となる現行型の出来栄えを、2リッターディーゼルターボを搭載したエントリーモデル「300d」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る