「シボレー・カマロ」のオープンモデル登場

2011.07.14 自動車ニュース

「シボレー・カマロ」のオープンモデル登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2011年7月14日、「シボレー・カマロ コンバーチブル」を発表した。7月15日に販売を開始する。

2009年12月、日本に導入された「シボレー・カマロ」のラインナップに、4人乗りのコンバーチブルモデルが加わった。

同車は、コンベンショナルなソフトトップを採用。ワンタッチ操作で、約20秒でオープン状態になる。ソフトトップは吸音素材を挟み込んだキャンバス製で、クローズ状態の車内はクーペ同様の高い静粛性を実現したとのこと。さらに、炎天下や降雨など過酷な条件でのテストも行われ、耐久性が高いこともアピールされる。さらにクローズ時のスタイリングにもこだわり、幌のフレームを複合材で作りステッチを改良するなどして、凹凸の少ない流れるようなルーフラインを作り上げたという。

オープン化にともないボディは強化された。ストラットタワーバーやトランスミッションサポート、ドライブシャフトトンネルブレースなどを補強。これにより、サスペンションはクーペモデルと同一のチューニングで仕上げることが可能となり、その結果クーペモデル同様のロードホールディング性や加速性能を実現したという。

今回導入されるのは、3.6リッターV6DOHCエンジン(308ps、37.7kgm)と6段オートマチックを組み合わせた1グレードのみ。クーペモデル同様、レギュラーガソリンを使用できる。

主要装備はクーペの「LT RS」にほぼ準ずるが、サイドエアバッグは「ヘッド&トルソー・フロント サイドエアバッグ」とされ、後席用のものがなくなった。
価格は499万円で、ハンドル位置は左のみ。

(webCG 本諏訪)

シボレー・カマロ コンバーチブル
シボレー・カマロ コンバーチブル 拡大

関連キーワード:
カマロ コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー カマロ コンバーチブル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:シボレー・カマロ 初夏の富士山麓を行く 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 6代目となる現行型「シボレー・カマロ」のコンバーチブルで、目指すは初夏の山中湖。スポーツカーとは一線を画す4シーターオープンならではの気持ちよさと、モダンなアメリカ車が持ち合わせる質の高い走りを、写真とともにリポートする。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
ホームへ戻る