ブラックパーツで飾った「アウディA1スポーツバック」の限定車登場

2018.08.20 自動車ニュース
「アウディA1スポーツバック ミッドナイトリミテッド」
「アウディA1スポーツバック ミッドナイトリミテッド」拡大

アウディ ジャパンは2018年8月20日、「A1スポーツバック」に特別仕様車「ミッドナイトリミテッド」を設定し、同年9月4日に375台の台数限定で発売すると発表した。

 
ブラックパーツで飾った「アウディA1スポーツバック」の限定車登場の画像拡大
 
ブラックパーツで飾った「アウディA1スポーツバック」の限定車登場の画像拡大

今回のアウディA1スポーツバック ミッドナイトリミテッドは、1リッターターボエンジン(95ps/160Nm)を搭載した「1.0 TFSI」をベースに、車名の「ミッドナイト」をテーマとして、ブリリアントブラックのコントラストルーフやブラックハイグロスのエアコン吹き出し口といったパーツを採用し、黒を基調にコーディネートした特別仕様車である。

このほかエクステリアでは、ハイグロスブラックのラジエーターグリルやディフューザーブレード、テールパイプなどからなる専用ブラックスタイリングパッケージに加えて、ブリリアントブラックのエクステリアミラーハウジングなども装備。ボディーサイドにはブラックのアウディロゴデカールが貼られるほか、17インチアルミホイールもマットブラックポリッシュト仕上げとなる。

また、ベース車ではオプションの「ナビキセノンパッケージ」(バイキセノンパッケージ、ナビゲーションシステム、テレビチューナー)や「コンビニエンスパッケージ」(アドバンストキー、アウディパーキングシステム、オートマチックエアコンディショナー、シートヒーター、センターアームレスト)も標準装備となる。

ボディーカラーは特別色の「セパンブルー」と「アロングレー」に、「ミサノレッド」「グレイシアホワイトメタリック」を加えた全4色展開。

価格は349万円。

(webCG)

関連キーワード:
A1スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A1スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.16 試乗記 アウディが新たに提案する、SUVっぽいコンパクトカー「A1シティーカーバー」。雰囲気だけのニッチなモデルかと思いきや、いざステアリングを握ってみると、このクロスオーバーならではのメリットがみえてきた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • アウディA1スポーツバック25 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2020.12.26 試乗記 アウディのコンパクトカー「A1スポーツバック」に1リッターターボモデルが追加された。試乗車は、なかでも一番装備が簡素な「25 TFSI」。エントリーモデルのエントリーグレード、つまり「最も買い求めやすいアウディ」の仕上がりは?
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る