ブラックパーツをまとう 「アウディQ5」の限定車発売

2018.08.20 自動車ニュース
「アウディQ5ブラックエディション」
「アウディQ5ブラックエディション」拡大

アウディ ジャパンは2018年8月20日、ミッドサイズSUV「Q5」に特別仕様車「black edition(ブラックエディション)」を設定し、同年9月4日に250台の台数限定で発売すると発表した。

 
ブラックパーツをまとう 「アウディQ5」の限定車発売の画像拡大
 
ブラックパーツをまとう 「アウディQ5」の限定車発売の画像拡大
 
ブラックパーツをまとう 「アウディQ5」の限定車発売の画像拡大
 
ブラックパーツをまとう 「アウディQ5」の限定車発売の画像拡大

今回のQ5ブラックエディションは、2リッターターボエンジン(最高出力252ps/最大トルク370Nm)を搭載した「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」をベースに、エクステリアをブラックのパーツでコーディネートした特別仕様車である。

そのエクステリアには、ブラックのルーフレールやシングルフレームグリル、フロントリップスポイラー、エアインレット、ウィンドウモールディング、サイドシル、リアディフューザーなどからなる「ブラックスタイリングパッケージ」を採用。エクステリアミラーハウジングもブラックにペイントされるほか、特別装備の5アームローターデザイン20インチアルミホイールもグロスブラック仕上げとなる。このほかヘッドランプにはマトリクスLEDヘッドライトを、ウインカーは前後ともLEDダイナミックターンインジケーターを装備する。

インテリアには黒を基調としたパーシャルレザーを採用したほか、マルチカラーアンビエントライティングやフル液晶メーターパネルの「バーチャルコックピット」も備わる。

運転支援装備では「アウディプレセンスベーシック」やアダプティブクルーズコントロール、「アウディアクティブレーンアシスト」に加えて、後方から車両が接近していることを知らせる「アウディサイドアシスト」や後方からの接近車両を検知し、追突の際の衝撃を低減する「アウディプレセンスリア」を標準装備とした。

このほか、アウディドライブセレクトによって減衰力の調整が可能なダンピングコントロールサスペンションも備わる。

ボディーカラーは「グレイシアホワイト」と「ミトスブラックメタリック」の全2色展開で、価格は772万円。

(webCG)

関連キーワード:
Q5, アウディ, 自動車ニュース

アウディ Q5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「アウディQ5」がマイナーチェンジ 新たに12Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載 2021.2.8 自動車ニュース アウディ ジャパンは2021年2月8日、ミドルサイズSUV「Q5」の改良モデルを導入し、同年3月8日に発売すると発表した。エクステリアデザインを大幅にアップデートしたほか、2リッターのガソリンおよびディーゼルエンジンにマイルドハイブリッドシステムを加えている。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.2.25 試乗記 日本に導入されたアウディ車としては実に約40年ぶりのディーゼルモデルとなる「Q5 40 TDIクワトロ」。しかしながら、2リッターディーゼルクラスはライバルブランドも力を入れる激戦区。“後出し”ならではの強さを見せることはできるのだろうか。
  • アウディQ5ファーストエディション(4WD/7AT)/SQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.10.17 試乗記 アウディのミドルサイズSUV「Q5」がフルモデルチェンジ。新世代プラットフォーム「MLB evo」を採用した新型が、いよいよ日本にも導入された。走りも内外装も大幅にブラッシュアップされた、2代目の出来栄えを報告する。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
ホームへ戻る