“サムライ”といえばグレー!? 「アウディQ7」の限定車発売

2018.08.20 自動車ニュース
「アウディQ7サムライエディション」
「アウディQ7サムライエディション」拡大

アウディ ジャパンは2018年8月20日、SUV「Q7」に特別仕様車「samurai edition(サムライエディション)」を設定し、70台の台数限定で販売を開始した。

 
“サムライ”といえばグレー!? 「アウディQ7」の限定車発売の画像拡大
 
“サムライ”といえばグレー!? 「アウディQ7」の限定車発売の画像拡大
 
“サムライ”といえばグレー!? 「アウディQ7」の限定車発売の画像拡大
 
“サムライ”といえばグレー!? 「アウディQ7」の限定車発売の画像拡大

今回のQ7サムライエディションは、3リッターV6スーパーチャージドエンジン(最高出力333ps/最大トルク440Nm)を搭載した「3.0 TFSIクワトロ」をベースに、内外装を黒基調でコーディネートしたほか、装備の充実を図った特別仕様車である。

エクステリアでは、専用ボディーカラーの「サムライグレー」に、カーボンドアストライプやカーボンエクステリアミラーハウジング、グリルカーボンインサートなどからなる「カーボンスタイルパッケージ」と、ブラックルーフレールなどで構成される「ブラックスタイリングパッケージ」を組み合わせた。このほか5スポークブレードデザインの21インチホイールやマトリクスLEDヘッドライトも備わる。

インテリアには、ブラックハイグロスとオークグレーのデコラティブパネルを随所に配したほか、レザーシートやヘッドライニングなどにもブラックを採用することで、黒をベースとしたシックなトーンに統一。プライバシーガラスや4ゾーンデラックスオートマチックエアコンディショナー、2人掛けの3列目シート、BOSE 3Dサウンドシステムなども備わる。

運転支援システムでは「アウディプレセンスベーシック」やアダプティブクルーズコントロール、「アウディアクティブレーンアシスト」に加えて、後方から車両が接近していることを知らせる「アウディサイドアシスト」や後方からの接近車両を検知し、追突の際の衝撃を低減する「アウディプレセンスリア」を標準装備とした。

また、四輪操舵システム「オールホイールステアリング」も装備する。

価格は1093万円。

(webCG)

関連キーワード:
Q7, アウディ, 自動車ニュース

アウディ Q7 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ3 2018.7.26 画像・写真 2011年のデビュー以来、初のモデルチェンジが実施された「アウディQ3」。2代目となる新型は従来モデルに比べて、ボディーサイズ、居住空間ともに拡大されている。その姿を写真で紹介する。
  • アウディRS Q3(4WD/7AT)/RS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.2.21 試乗記 日本未導入の新型「アウディQ3」をベースに、アウディスポーツが手を加えたハイパフォーマンスSUV「RS Q3」が早くも登場。ファストバックスタイルの「RS Q3スポーツバック」とも合わせ、冬のスウェーデンでその実力を確かめた。
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • アウディが新型「A3セダン」を発表 コックピットや操作系のデジタル化を推進 2020.4.24 自動車ニュース 独アウディは2020年4月21日(現地時間)、2代目となる新型「A3セダン」を公開した。欧州では同年4月末から受注を開始し、納車は同年夏にスタート。価格はエントリーレベルのガソリンエンジン搭載車で2万7700ユーロからとなる。
  • 2台そろって新世代へ 新型の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「アウディA3スポーツバック」はどう違う? 2020.3.25 デイリーコラム 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に続いて「アウディA3スポーツバック」の新型が登場した。ともにグループ内でCセグメントハッチバックの基幹車種と呼べるモデルだが、ブランドヒエラルキーのもとでどのような差がつけられているのだろうか。細かくチェックした。
ホームへ戻る