“サムライ”といえばグレー!? 「アウディQ7」の限定車発売

2018.08.20 自動車ニュース
「アウディQ7サムライエディション」
「アウディQ7サムライエディション」拡大

アウディ ジャパンは2018年8月20日、SUV「Q7」に特別仕様車「samurai edition(サムライエディション)」を設定し、70台の台数限定で販売を開始した。

 
“サムライ”といえばグレー!? 「アウディQ7」の限定車発売の画像拡大
 
“サムライ”といえばグレー!? 「アウディQ7」の限定車発売の画像拡大
 
“サムライ”といえばグレー!? 「アウディQ7」の限定車発売の画像拡大
 
“サムライ”といえばグレー!? 「アウディQ7」の限定車発売の画像拡大

今回のQ7サムライエディションは、3リッターV6スーパーチャージドエンジン(最高出力333ps/最大トルク440Nm)を搭載した「3.0 TFSIクワトロ」をベースに、内外装を黒基調でコーディネートしたほか、装備の充実を図った特別仕様車である。

エクステリアでは、専用ボディーカラーの「サムライグレー」に、カーボンドアストライプやカーボンエクステリアミラーハウジング、グリルカーボンインサートなどからなる「カーボンスタイルパッケージ」と、ブラックルーフレールなどで構成される「ブラックスタイリングパッケージ」を組み合わせた。このほか5スポークブレードデザインの21インチホイールやマトリクスLEDヘッドライトも備わる。

インテリアには、ブラックハイグロスとオークグレーのデコラティブパネルを随所に配したほか、レザーシートやヘッドライニングなどにもブラックを採用することで、黒をベースとしたシックなトーンに統一。プライバシーガラスや4ゾーンデラックスオートマチックエアコンディショナー、2人掛けの3列目シート、BOSE 3Dサウンドシステムなども備わる。

運転支援システムでは「アウディプレセンスベーシック」やアダプティブクルーズコントロール、「アウディアクティブレーンアシスト」に加えて、後方から車両が接近していることを知らせる「アウディサイドアシスト」や後方からの接近車両を検知し、追突の際の衝撃を低減する「アウディプレセンスリア」を標準装備とした。

また、四輪操舵システム「オールホイールステアリング」も装備する。

価格は1093万円。

(webCG)

関連キーワード:
Q7, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ3 2018.7.26 画像・写真 2011年のデビュー以来、初のモデルチェンジが実施された「アウディQ3」。2代目となる新型は従来モデルに比べて、ボディーサイズ、居住空間ともに拡大されている。その姿を写真で紹介する。
  • アウディが2代目「Q3」の概要を発表 2018.7.26 自動車ニュース 従来モデルよりもボディーサイズが拡大された新型「アウディQ3」が、2018年7月25日(現地時間)にデビューした。デリバリーの開始時期は、ドイツを含む欧州諸国で2018年11月になる見込み。
  • アウディデザインのキーマンに聞いた!
    “温故知新”のこだわり4つのポイント
    2019.7.10 デイリーコラム 2019年7月3日に国内導入が発表されたアウディの新型SUV「Q8」。SUVクーペというジャンルにアウディが初めて投入する意欲作だが、市場をリードしている「BMW X6」などのライバルとは、どこが違うのだろうか。デザイナーに話を聞いてみた。
  • ブランド初のクーペスタイルSUVにして新たな旗艦SUV アウディの新型車「Q8」が日本デビュー 2019.7.3 自動車ニュース アウディジャパンは2019年7月3日、新型車「アウディQ8」の日本導入を発表した。同年9月3日から販売を開始する。ブランド初となるクーペ風スタイルのSUVであり、「Q7」の上に位置する新たなSUVのフラッグシップモデルとなる。
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
ホームへ戻る