ランボルギーニ、動力性能を追求した「アヴェンタドールSVJ」を発表

2018.08.24 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」(左)と「アヴェンタドールSVJ 63」(右)。
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」(左)と「アヴェンタドールSVJ 63」(右)。拡大

伊アウトモビリ・ランボルギーニは2018年8月23日(現地時間)、アメリカ・カリフォルニア州で開催されているモンテレー・カー・ウイークのイベント「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」において、「アヴェンタドールSVJ」を世界初公開すると発表した。

「アヴェンタドールSVJ 63」は、ランボルギーニが1963年に設立されたことにあやかった63台の限定モデル。各所に用いられたカーボンパーツや独特のカラー、トリムを特徴としている。
「アヴェンタドールSVJ 63」は、ランボルギーニが1963年に設立されたことにあやかった63台の限定モデル。各所に用いられたカーボンパーツや独特のカラー、トリムを特徴としている。拡大
 
ランボルギーニ、動力性能を追求した「アヴェンタドールSVJ」を発表の画像拡大
 
ランボルギーニ、動力性能を追求した「アヴェンタドールSVJ」を発表の画像拡大

ニュルブルクリンクで市販車最速のタイムを記録

アヴェンタドールSVJはランボルギーニの12気筒モデル、アヴェンタドールのハイパフォーマンスモデルであり、車名の「SV」は「スーパーヴェローチェ(超軽量)」、「J」は1969年に製作された「イオタ」に由来する。

改良点は多岐にわたり、6.5リッターV12エンジンについては最高出力770hp/8500rpm、最大トルク720Nm/6750rpmに強化。パワーウェイトレシオは1.98kg/hp、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は350km/hと公称されている。

空力性能の改善も図っており、大幅に意匠が変更されたフロントバンパーやリアバンパー、ロッカーパネル、改良の施されたアンダーボディー、航空機の尾翼を思わせるリアウイング、「ウラカン ペルフォルマンテ」で初採用されたアクティブエアロダイナミクスシステム「ALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva)」などの効果により、前軸・後軸にかかるダウンフォースを40%増大させたほか、1%のドラッグ係数低減を実現している。

さらに、大きくなったサイドのエアインテークと新設されたフロントのサイドフィンは、冷却性能の向上にも寄与。新設計のカーボンファイバー製エンジンフードや超軽量アルミホイール「Nireo」を採用するなど、軽量化にも腐心しており、リアバンパーの上からマフラーを突き出したエキゾーストシステムも、重量の軽減に貢献しているという。

これらの技術の採用により、アヴェンタドールSVJは、ニュルブルクリンク北コースで市販車最速の6分44秒97というタイムを記録している。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場 2021.9.23 自動車ニュース ケータハムから軽自動車規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場。2014年に発売された「セブン160」の後継車種にあたり、最も軽い仕様では乾燥重量440kgを実現するなど、ケータハムの量産車史上、最も軽量なモデルとなっている。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2021.10.22 試乗記 5代目「メルセデス・ベンツCクラス」がいよいよ日本の道を走り始めた。強力な電動パワートレインや先進のインフォテインメントシステムを採用した新型は、“C”の枠を大きく飛び越えるほどの進化を果たしている。1.5リッターマイルドハイブリッドモデルに試乗した。
  • レクサスLX 2021.10.14 画像・写真 レクサスのフラッグシップSUVである「LX」の新型が、中東のサウジアラビア王国とアラブ首長国連邦で世界初公開された。「優雅な移動体験を提供しライフシーンを広げる」とうたわれる4代目のディテールを、写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンSTO(MR/7AT)【試乗記】 2021.10.15 試乗記 超戦闘的な見た目の通り、並々ならぬ動力性能を誇る「ランボルギーニ・ウラカンSTO」。とびきり速いのは当然のことながら、サーキットでむちを当てた筆者は、その官能的な走りに大いに感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る