日産、中国で電気自動車版「シルフィ」の生産を開始

2018.08.27 自動車ニュース

日産自動車の中国における合弁会社、東風汽車有限公司(DFL)の乗用車部門である東風日産乗用車公司(東風日産)は2018年8月27日、日産ブランドとして初めて中国市場に投入する電気自動車(EV)「シルフィ ゼロ・エミッション」の生産を開始したと発表した。

シルフィ ゼロ・エミッションは、中国市場で最も多く販売されている日産ブランドのセダン「シルフィ」に、EV「リーフ」の技術を織り込み開発されたモデルだ。

日産自動車の西川廣人CEOは、同日行われたシルフィ ゼロ・エミッションのラインオフセレモニーで、「中国市場での成長は、日産の中期計画『NISSAN M.O.V.E to 2022』の中でも、大変大きなミッション、目標です。中国は既に世界最大の市場ですが、規模だけでなく、EVやコネクテッドといった新技術の面でも、非常に早いペースで進化が始まり、特にEVの普及・拡大において、今後、世界をリードしていくとみています。 本日オフラインしたシルフィ ゼロ・エミッションは、その中国で初めての日産ブランドのEVとして、EV市場のメインプレーヤーとなり、中国市場で日産インテリジェントモビリティー戦略のけん引車となる、という大きな役割を担うことになります。」と述べ、さらに、「今後2019年度までに、インフィニティやベヌーシア、東風ブランド含め、新型EV 5車種の投入を予定しており、中国のさまざまなお客さまへ、積極的に、魅力あるEVをご提供していきます」と語った。

(webCG)

「日産シルフィ ゼロ・エミッション」
「日産シルフィ ゼロ・エミッション」拡大

関連キーワード:
シルフィ, 日産, 自動車ニュース

日産 シルフィ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナにカーナビ標準装備の新グレード 2016.4.4 自動車ニュース 日産の4ドアセダン「ティアナ」に、純正カーナビゲーションシステムを標準装備した新グレード「XVナビAVMパッケージ」「XLナビAVMパッケージ」が登場した。これにともない、ナビ非装着の上級グレード「XV」は廃止となった。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
  • 日産ラティオ G(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.7 試乗記 日産ラティオ G(FF/CVT)
    ……174万6150円

    8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした「日産ラティオ」。世界150カ国以上で販売されるコンパクトセダンの仕上がりを、上級グレードで試した。
ホームへ戻る