待ってました! のスポーツカー
新型「アルピーヌA110」に言いたいこと

2018.08.31 デイリーコラム

すばらしいけど「なんだかなあ」

新しい「アルピーヌA110」は、まさに”21世紀のワンテン”である。1960年代、70年代に、オリジナルのA110を購入したオーナーが夢見た「未来の愛車」の姿が、そこにある。

オリジナルA110の魅力は、ラリーフィールドからそのまま駆けてきたかのようなむき出しのスポーツ性に宿るのだが、裏を返せば、狭く、小さく、うるさい。時代が下れば、エアコンがないという、ムチャな不満を感じる人も出てくるだろう。私だ。

だから、余裕ある室内。スムーズな走り。前後に用意されるラゲッジルーム。そして空調設備。そうしたスペックをそろえたニューアルピーヌは、あらまほしきA110そのものといっていい。当然、旧型(と呼ぶべきか?)オーナーはもろ手を挙げて賛成する……かというと、ことはそう単純ではない。

ご存じのように、スポーツカービジネスは難しい。デビュー当初はメディアに引っ張りだこになり、販売店ではカタログがよくさばけ、クルマ好きの間では話題になるけれど、実際の販売台数は……、という例が少なくない。なにより数字がモノをいう大企業(=自動車メーカー)にとって、スポーツカーという車種は「敬して遠ざける」が吉な存在だ。

だからこそ大衆車メーカーであるルノーが、まったく新しいスポーツカーを、しかも懐かしいのれんを掲げてリリースしたことは、文句なしにすばらしい。自動車メディアとそれに関わる人たちが、欣喜雀躍(きんきじゃくやく)、最大限の努力で広報に努め、無条件に感動的な試乗記を発表することは、むしろ義務といえる。

一方、(元)オリジナルA110のオーナーとしては、少々複雑だ。少なくとも、四半世紀をアルピーヌA110(メキシコ製)と過ごした自分の場合、新世代アルピーヌのニュースに接するたび、ちょっぴりやるせない気分になったことを告白せねばならない。

日本ではまず、新型「アルピーヌA110」の導入記念モデル「プルミエールエディション」が50台限定で発売された。2018年9月には通常のカタログモデルがデビューする。
日本ではまず、新型「アルピーヌA110」の導入記念モデル「プルミエールエディション」が50台限定で発売された。2018年9月には通常のカタログモデルがデビューする。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事