「レクサスLS/LC」の走行性能と利便性が向上

2018.08.30 自動車ニュース
「レクサスLS」
「レクサスLS」拡大

トヨタ自動車は2018年8月30日、レクサスブランドのフラッグシップセダン「LS」とラグジュアリークーペ「LC」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。

このうちLSは、4WD車のショックアブソーバーに伸圧独立オリフィスを採用することで、乗り心地の向上を図った。ハイブリッド車では、マルチステージハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニング、制振材の追加などを行い静粛性を向上させた。

また、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を標準グレードにも搭載。Lexus Safety System+については、以下の点で進化を図っている。

  • プリクラッシュセーフティー:単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能に。
  • レーダークルーズコントロールおよびレーントレーシングアシスト:自動車専用道路等においてレーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援。
  • ロードサインアシスト:カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示。
  • 先行車発進告知機能:先行車の発進をメーターとヘッドアップディスプレイ内での表示とブザーで通知。

価格は、3.5リッターV6ターボの「LS500」が981万4000円から1540万5000円まで。ハイブリッドの「LS500h」が1121万4000円から1680万5000円まで。

「レクサスLC」
「レクサスLC」拡大

LCについては、ステアリングサポートのアルミダイキャスト化(剛性アップ)や、ブッシュ特性のチューニングなどによりステアリングフィールを向上。ショックアブソーバーには伸圧独立オリフィスを採用し、乗り心地と操縦安定性を改善した。

さらに、ブレーキ制御、マルチステージハイブリッドシステムのチューニングなどによりドライバーの運転意図に沿った、より滑らかな加減速を実現。クラウドと車載機でのルート探索を融合させたハイブリッドナビゲーションシステムの標準化し、利便性を向上させた。

価格は、5リッターV8エンジン搭載の「LC500」が1302万2000円から1402万2000円までで、ハイブリッドの「LC500h」が1352万2000円から1452万2000円まで。

また、LSとLCともに、事故や急病時に車両データをもとに重症度を指定してドクターヘリ等の早期出動判断を行うD-Call Netに対応可能となった。

(webCG)

関連キーワード:
LS, LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
ホームへ戻る