ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売

2018.09.04 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ ゴーアウトエディション」
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ ゴーアウトエディション」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年9月4日、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に特別仕様車「GO-OUT EDITION(ゴーアウトエディション)」を設定し、同年9月8日に受注を開始すると発表した。

 
ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売の画像拡大
 
ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売の画像拡大
 
ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売の画像拡大

今回のディスカバリー スポーツ ゴーアウトエディションは、ランドローバーの70周年を記念した特別仕様車である。「SE」グレードをベースに、3列目シートが追加される「5+2パック」のほか、前席のシートヒーターやハンズフリーテールゲート、アダプティブクルーズコントロールといった、計117万4000円相当のオプションを装備している。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 5+2シートパック
  • ヒーテッドステアリングホイール
  • シートヒーター(フロント)
  • パーシャルレザーシート
  • 10ウェイパワーフロントシート(前後、上下、リクライニング、4ウェイランバーサポート)
  • デュアルゾーンクライメートコントロール(2列目クライメートコントロールベント付き)
  • キーレスエントリー
  • ハンズフリーパワーテールゲート
  • 自動緊急ブレーキ
  • アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)
  • ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション機能

価格は2リッターガソリンモデルが569万3000円、2リッターディーゼルモデルが599万3000円(いずれもベース車から56万3000円アップ)。

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • 2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー 2018.11.23 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーが新型「レンジローバー イヴォーク」を発表した。デザインは従来モデルのクーペスタイルをよりモダンに進化させたもの。シャシーには新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用しており、将来的にはPHEVの導入も予定している。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
ホームへ戻る