ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売

2018.09.04 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ ゴーアウトエディション」
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ ゴーアウトエディション」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年9月4日、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に特別仕様車「GO-OUT EDITION(ゴーアウトエディション)」を設定し、同年9月8日に受注を開始すると発表した。

 
ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売の画像拡大
 
ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売の画像拡大
 
ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売の画像拡大

今回のディスカバリー スポーツ ゴーアウトエディションは、ランドローバーの70周年を記念した特別仕様車である。「SE」グレードをベースに、3列目シートが追加される「5+2パック」のほか、前席のシートヒーターやハンズフリーテールゲート、アダプティブクルーズコントロールといった、計117万4000円相当のオプションを装備している。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 5+2シートパック
  • ヒーテッドステアリングホイール
  • シートヒーター(フロント)
  • パーシャルレザーシート
  • 10ウェイパワーフロントシート(前後、上下、リクライニング、4ウェイランバーサポート)
  • デュアルゾーンクライメートコントロール(2列目クライメートコントロールベント付き)
  • キーレスエントリー
  • ハンズフリーパワーテールゲート
  • 自動緊急ブレーキ
  • アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)
  • ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション機能

価格は2リッターガソリンモデルが569万3000円、2リッターディーゼルモデルが599万3000円(いずれもベース車から56万3000円アップ)。

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー スポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 SE(前編) 2020.11.12 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、クロスカントリーの雄「ランドローバー・ディフェンダー」に試乗。谷口が抱いていたイメージを覆すほどの、新型の走りのポテンシャルとは?
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 「ジャガー・ランドローバー柏」内覧会の会場から 2020.11.9 画像・写真 千葉県柏市に位置する「ジャガー・ランドローバー柏」がリニューアル。最大の目玉は、悪路走破性能を体験できる「エクスペリエンスセンター」の新設だ。国内ではこれが初、世界的にも珍しい“ショールーム併設のオフロードコース”で、ランドローバー車の実力を体感した。
ホームへ戻る