ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売

2018.09.04 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ ゴーアウトエディション」
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ ゴーアウトエディション」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年9月4日、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に特別仕様車「GO-OUT EDITION(ゴーアウトエディション)」を設定し、同年9月8日に受注を開始すると発表した。

 
ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売の画像拡大
 
ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売の画像拡大
 
ランドローバーの70周年を記念した「ディスカバリー スポーツ」発売の画像拡大

今回のディスカバリー スポーツ ゴーアウトエディションは、ランドローバーの70周年を記念した特別仕様車である。「SE」グレードをベースに、3列目シートが追加される「5+2パック」のほか、前席のシートヒーターやハンズフリーテールゲート、アダプティブクルーズコントロールといった、計117万4000円相当のオプションを装備している。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 5+2シートパック
  • ヒーテッドステアリングホイール
  • シートヒーター(フロント)
  • パーシャルレザーシート
  • 10ウェイパワーフロントシート(前後、上下、リクライニング、4ウェイランバーサポート)
  • デュアルゾーンクライメートコントロール(2列目クライメートコントロールベント付き)
  • キーレスエントリー
  • ハンズフリーパワーテールゲート
  • 自動緊急ブレーキ
  • アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)
  • ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション機能

価格は2リッターガソリンモデルが569万3000円、2リッターディーゼルモデルが599万3000円(いずれもベース車から56万3000円アップ)。

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーXFスポーツブレイク プレステージD180(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.27 試乗記 ジャガーにとって久々となるステーションワゴン「XFスポーツブレイク」に、2リッターディーゼルエンジンと4WDを組み合わせた新モデルが登場。流麗な英国製ワゴンとディーゼル四駆の組み合わせやいかに? その出来栄えを確かめた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.9.23 試乗記 大ヒットモデル「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」が2代目に進化した。今回、連れ出したのはコンパクトなハイブリッド機構を備えたガソリンモデルのトップグレード「R-DYNAMIC HSE P300 MHEV」。初代からの進化のほどと電動化されたパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク ファーストエディションP250【試乗記】 2019.8.7 試乗記 2代目に進化したランドローバーのコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」。そのスタイルはキープコンセプトだが、中身は新型プラットフォームの採用により刷新されているという。導入記念モデル「ファーストエディションP250」を軽井沢に連れ出し、実力を確かめてみた。
ホームへ戻る