「ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルに限定グレード登場

2018.10.30 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリースポーツ」2019年モデル
「ランドローバー・ディスカバリースポーツ」2019年モデル拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年10月30日、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルを発表し、受注を開始した。

 
「ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルに限定グレード登場の画像拡大
 
「ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルに限定グレード登場の画像拡大
 
「ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルに限定グレード登場の画像拡大
 
「ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルに限定グレード登場の画像拡大

ディスカバリー スポーツ2019年モデルの特徴や主な装備は以下の通り。

  • パワーユニットは2リッター直4ガソリンターボ「インジニウム」エンジンと、2リッター直4ディーゼルターボ「インジニウム」エンジンの2種類
  • エクステリアカラーに新色「ロワールブルー」を追加
  • インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」のスクリーン表示を変更
  • メモリー機能付きの電動調整可倒式ドアミラーに自動防げん機能を装備(「HSE」「HSEラグジュアリー」は標準装備、「SE」は装備不可)
  • 緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」を標準装備
  • アダプティブクルーズコントロールをオプション設定
  • 5+2人用にアレンジが可能なシートシステム(オプション)を用意
  • 車体やキーに触れることなく車外からテールゲートの開閉操作が可能な「ハンズフリーパワーテールゲート」(「HSEラグジュアリー」は標準装備、他グレードはオプション)
  • グラファイトアトラスの「DISCOVERY」ロゴ(グリル/サイドベント/フロント/リア)
  • カルパチアングレーコントラストルーフ
  • 19インチ5スプリットスポーク“スタイル521”(グロスダークグレーフィニッシュ)のアルミホイールを装着
  • ナルヴィックブラックのドアミラーキャップ
  • エボニーのインテリア&ヘッドライニング
  • ダークグレーアルミニウムフィニッシャー

ボディーカラーは、上記ロワールブルーやフジホワイト、ナルヴィックブラックを含む全12色。

また、2019年モデル限定グレードとして「LANDMARK EDITION(ランドマークエディション)」が設定される。

これはディーゼルの「SE 2.0L D180」をベースとするもので、スポーティーでダイナミックなフロントバンパーやグロスダークグレーの19インチ5スプリットスポーク“スタイル521”ホイールなどが見どころ。ボディーカラーはナルヴィックブラック、コリスグレー、ユーロンホワイトの3色から選べ、カルパチアングレーのコントラストルーフが組み合わされる。インテリアカラーはエボニーで統一。ダークグレーアルミニウムフィニッシャーでドレスアップされている。

ディスカバリー スポーツ2019年モデルのラインナップと価格は以下の通り。

【ガソリン車】

  • ピュア2.0L P240:443万円
  • SE 2.0L P240:513万円
  • HSE 2.0L P240:613万円
  • HSEラグジュアリー2.0L P240:733万円

【ディーゼル車】

  • ピュア2.0L D180:473万円
  • SE 2.0L D180:543万円
  • ランドマークエディション2.0L D180:593万円
  • HSE 2.0L D180:643万円
  • HSEラグジュアリー2.0L D180:763万円

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.7.11 試乗記 ランドローバーのプレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2代目が日本上陸を果たした。新しいプラットフォームとマイルドハイブリッドの採用によって、ブランド躍進の立役者はどう進化したのか。最高出力300psを誇るトップグレードで確かめた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク ファーストエディションP250【試乗記】 2019.8.7 試乗記 2代目に進化したランドローバーのコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」。そのスタイルはキープコンセプトだが、中身は新型プラットフォームの採用により刷新されているという。導入記念モデル「ファーストエディションP250」を軽井沢に連れ出し、実力を確かめてみた。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
  • セダン市場はまだ拡大の余地あり!?
    「Aクラス セダン」導入に見るメルセデスの戦略
    2019.8.7 デイリーコラム 2019年7月下旬に日本に導入された「メルセデス・ベンツAクラス セダン」だが、セダン市場の縮小が叫ばれる中で、メルセデスが“強気”とも思える戦略をとるのはなぜなのだろうか。インポーターに話を聞いた。
ホームへ戻る