「ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルに限定グレード登場

2018.10.30 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリースポーツ」2019年モデル
「ランドローバー・ディスカバリースポーツ」2019年モデル拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年10月30日、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルを発表し、受注を開始した。

 
「ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルに限定グレード登場の画像拡大
 
「ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルに限定グレード登場の画像拡大
 
「ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルに限定グレード登場の画像拡大
 
「ディスカバリー スポーツ」の2019年モデルに限定グレード登場の画像拡大

ディスカバリー スポーツ2019年モデルの特徴や主な装備は以下の通り。

  • パワーユニットは2リッター直4ガソリンターボ「インジニウム」エンジンと、2リッター直4ディーゼルターボ「インジニウム」エンジンの2種類
  • エクステリアカラーに新色「ロワールブルー」を追加
  • インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」のスクリーン表示を変更
  • メモリー機能付きの電動調整可倒式ドアミラーに自動防げん機能を装備(「HSE」「HSEラグジュアリー」は標準装備、「SE」は装備不可)
  • 緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」を標準装備
  • アダプティブクルーズコントロールをオプション設定
  • 5+2人用にアレンジが可能なシートシステム(オプション)を用意
  • 車体やキーに触れることなく車外からテールゲートの開閉操作が可能な「ハンズフリーパワーテールゲート」(「HSEラグジュアリー」は標準装備、他グレードはオプション)
  • グラファイトアトラスの「DISCOVERY」ロゴ(グリル/サイドベント/フロント/リア)
  • カルパチアングレーコントラストルーフ
  • 19インチ5スプリットスポーク“スタイル521”(グロスダークグレーフィニッシュ)のアルミホイールを装着
  • ナルヴィックブラックのドアミラーキャップ
  • エボニーのインテリア&ヘッドライニング
  • ダークグレーアルミニウムフィニッシャー

ボディーカラーは、上記ロワールブルーやフジホワイト、ナルヴィックブラックを含む全12色。

また、2019年モデル限定グレードとして「LANDMARK EDITION(ランドマークエディション)」が設定される。

これはディーゼルの「SE 2.0L D180」をベースとするもので、スポーティーでダイナミックなフロントバンパーやグロスダークグレーの19インチ5スプリットスポーク“スタイル521”ホイールなどが見どころ。ボディーカラーはナルヴィックブラック、コリスグレー、ユーロンホワイトの3色から選べ、カルパチアングレーのコントラストルーフが組み合わされる。インテリアカラーはエボニーで統一。ダークグレーアルミニウムフィニッシャーでドレスアップされている。

ディスカバリー スポーツ2019年モデルのラインナップと価格は以下の通り。

【ガソリン車】

  • ピュア2.0L P240:443万円
  • SE 2.0L P240:513万円
  • HSE 2.0L P240:613万円
  • HSEラグジュアリー2.0L P240:733万円

【ディーゼル車】

  • ピュア2.0L D180:473万円
  • SE 2.0L D180:543万円
  • ランドマークエディション2.0L D180:593万円
  • HSE 2.0L D180:643万円
  • HSEラグジュアリー2.0L D180:763万円

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー スポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る