メルセデス、「Sクラス」に直6ディーゼルモデルを追加

2018.09.10 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツS400d」
「メルセデス・ベンツS400d」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年9月10日、「メルセデス・ベンツSクラス」のモデルラインナップに「S400d」を追加し、予約受注を開始した。

3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジン「OM656」
3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジン「OM656」拡大

今回のメルセデス・ベンツS400dには、新型の3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジン「OM656」が搭載される。ラインナップはベーシックなS400d(FR車)と4WD車の「S400d 4MATIC」に加えて、ボディーの全長を約13cm延ばして後席空間を広げた「ロング」がそれぞれに設定される。

新型エンジンのOM656は「S450」などに搭載される直6ガソリンエンジン「M256」と基本設計を共有するモジュラーコンセプトを採用。最高出力340ps、最大トルク700Nmを発生する。効率性だけでなく、欧州で導入されているRDE(Real Driving Emission:実路走行試験)規制に適合するなど、環境性能の高さもセリングポイントのひとつだ。

シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmとしたことで、全長がコンパクトにまとめられたこのエンジンは、軽量化のためにシリンダーブロックをアルミ製とした一方で、ピストンにはスチールを採用。熱膨張率の異なる素材を用いたことで、摩擦を40%以上低減したとされる。また、シリンダーウオールには、スチールカーボンを溶射コーティングした「NANOSLIDE(ナノスライド)摩擦低減加工」を施している。

ターボには2ステージ式が用いられており、小さいほうのタービンには可変タービンジオメトリーを採用。全回転域でのトルクフルな加速がうたわれる。

ピエゾインジェクターを使用したコモンレールダイレクトインジェクションシステムは、最大圧力が2500barまで高められた。また、冷却された高圧EGRと低圧EGRを組み合わせた「マルチウェイ排出ガス再循環(EGR)」を搭載することで燃焼を最適化。後処理を行う前の段階でNOxの低減を可能にしている。

さらに、排気側にのみ可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC(カムトロニック)」を採用することで、冷間時の吸気工程中に排気の一部を燃焼室に戻すことを実現。これによって燃焼室内の温度を早期に高めることが可能になり、排ガス浄化システムが効率的に稼働する温度まで温まる時間を短縮している。

排ガス浄化システムはエンジンに近づけてレイアウトすることで、排ガスの温度低下に伴う浄化効率の低下を予防。ターボチャージャーから出た排出ガスはまず酸化触媒を経由し、その後にAdBlue水溶液を添加。さらに下流のsDPF(選択触媒還元法コーティング付き粒子状物質除去フィルター)で粒子状物質の捕集と窒素酸化物の低減を行い、最終的にSCR触媒によって窒素酸化物を処理する。

ラインナップと価格は以下の通り。顧客への納車は、S400d 4MATICとS400d 4MATICロングが2018年10月ごろ、S400dとS400dロングが同年11月ごろとアナウンスされている。

  • S400d:1116万円
  • S400d 4MATIC:1160万円
  • S400dロング:1461万円
  • S400d 4MATICロング:1505万円

(webCG)

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • メルセデス・ベンツA250eセダン(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.28 試乗記 メルセデス・ベンツのFFセダン「Aクラス セダン」にプラグインハイブリッドモデルが登場。その環境性能に期待しつつ試乗した清水草一は、エコカーとは思えない、野蛮なほどのスポーティーさに驚かされたのだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.26 試乗記 電動化に対する考え方はそれぞれだが、ことBMWの場合は電気の力を環境対応に使いつつ、走りの楽しさにも活用している。マイルドハイブリッド化された直6エンジンを積む「X6」のあまりの出来栄えに感じ入ると同時に、味わえる残り時間を考えると寂しくなった。
  • アウディが「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表 スポーティーな走りが自慢の高性能SUV 2021.7.14 自動車ニュース アウディが高い動力性能を特徴とする「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表。クーペスタイルのミドルクラスSUV「Q5スポーツバック」の高性能モデルにあたり、最高出力354PSの3リッターV6ターボエンジンや、機械式デフ付きのフルタイム4WDを採用している。
ホームへ戻る