レクサス、新型「ES」にデジタルアウターミラーを世界初採用

2018.09.12 自動車ニュース
新型「レクサスES」に採用されるデジタルアウターミラー。
新型「レクサスES」に採用されるデジタルアウターミラー。拡大

トヨタ自動車は2018年9月12日、同年10月下旬から日本で販売予定の新型「レクサスES」に、量産車で世界初となるデジタルアウターミラーを搭載すると発表した。 

「レクサスES」(プロトタイプ)
「レクサスES」(プロトタイプ)拡大
 
レクサス、新型「ES」にデジタルアウターミラーを世界初採用の画像拡大
 
レクサス、新型「ES」にデジタルアウターミラーを世界初採用の画像拡大
 
レクサス、新型「ES」にデジタルアウターミラーを世界初採用の画像拡大
 
レクサス、新型「ES」にデジタルアウターミラーを世界初採用の画像拡大

このデジタルアウターミラーは、従来のドアミラーの位置に設置した小型カメラで捉えた車両左右後方の映像を、車内Aピラー下に設置した5インチディスプレイに表示するというもの。通常のドアミラーよりも形状そのものを小型化できるために斜め前方の死角を減らすほか、風切音を低減するという。カメラ部分は雨滴が付きにくい形状とされている。

夜間や雨天時での視認性を向上させるとともに、ウインカー操作やリバース操作と連動させ表示エリアを自動的に拡大し、さらにドライバーの操作で任意に表示エリアを広げることも可能。運転状況に応じ、ドライバーの周辺確認をサポートしてくれる。

(webCG)

関連キーワード:
ES, レクサス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES 2018.4.25 画像・写真 2018年4月25日に開幕した北京モーターショーで、7代目となる新型「レクサスES」がデビュー。日本国内においても同年秋に発売されることが、正式にアナウンスされた。そのディテールを写真で紹介する。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)/ES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.30 試乗記 日本国内での販売がいよいよ始まった、レクサスのセダン「ES」。新型では、従来モデルで好評だった“快適性”を一段と磨き上げたというのだが……? 最上級グレードとES初のスポーティーグレード、2モデルの試乗を通して乗り味をチェックした。
  • 新型「レクサスES」、3つのグレードで販売開始 2018.10.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年10月24日、レクサスブランドのミッドサイズセダンである「ES」の新型を発表。同日、販売を開始した。モデルラインナップは全3種類で、すべて2.5リッターエンジンとモーターを併用するハイブリッド車となる。
  • レクサスES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.17 試乗記 レクサスのフラッグシップモデルである「LS」と見間違えるほどのデザインとサイズ感を持ち日本初登場となった「ES」。同じパワートレインを採用する兄弟車である「カムリ」とはどこが違うのか? 北米テイストに満ちた両車を比べて、感じることがあった。
ホームへ戻る