レクサス、新型「ES」にデジタルアウターミラーを世界初採用

2018.09.12 自動車ニュース
新型「レクサスES」に採用されるデジタルアウターミラー。
新型「レクサスES」に採用されるデジタルアウターミラー。拡大

トヨタ自動車は2018年9月12日、同年10月下旬から日本で販売予定の新型「レクサスES」に、量産車で世界初となるデジタルアウターミラーを搭載すると発表した。 

「レクサスES」(プロトタイプ)
「レクサスES」(プロトタイプ)拡大
 
レクサス、新型「ES」にデジタルアウターミラーを世界初採用の画像拡大
 
レクサス、新型「ES」にデジタルアウターミラーを世界初採用の画像拡大
 
レクサス、新型「ES」にデジタルアウターミラーを世界初採用の画像拡大
 
レクサス、新型「ES」にデジタルアウターミラーを世界初採用の画像拡大

このデジタルアウターミラーは、従来のドアミラーの位置に設置した小型カメラで捉えた車両左右後方の映像を、車内Aピラー下に設置した5インチディスプレイに表示するというもの。通常のドアミラーよりも形状そのものを小型化できるために斜め前方の死角を減らすほか、風切音を低減するという。カメラ部分は雨滴が付きにくい形状とされている。

夜間や雨天時での視認性を向上させるとともに、ウインカー操作やリバース操作と連動させ表示エリアを自動的に拡大し、さらにドライバーの操作で任意に表示エリアを広げることも可能。運転状況に応じ、ドライバーの周辺確認をサポートしてくれる。

(webCG)

関連キーワード:
ES, レクサス, 自動車ニュース