新たに2列シート仕様が登場
「トヨタ・シエンタ」はマイナーチェンジでどこに向かう?

2018.09.26 デイリーコラム

新たに2列シート仕様を設定

今のクルマは安全装備や環境性能が向上したこともあり、価格が全般的に高くなった。平均給与所得はピークだった約20年前に比べると下がっているから、小さなクルマに乗り換えるユーザーが増えている。所得が増えていないのにクルマの値段がどんどん上がれば、ダウンサイジングするしかないだろう。

こうした市場動向を背景に、コンパクトミニバンの「トヨタ・シエンタ」「ホンダ・フリード」が堅調に売れている。1.5リッターのノーマルエンジンとハイブリッドの双方をラインナップするミニバンは実質的にこの2車種に絞られ、競争相手が少ないことも売れ行きが伸びた理由だ。

このうちシエンタが2018年9月11日にマイナーチェンジを受けた。

最も注目されるのは、2列シートの「ファンベース」を加えたことだ。3列目のシートを省いたから荷室が拡大され、専用のボードを使うことで、後席を畳むとフラットで広い荷室が得られる。荷室長の最大値は2065mmと十分に確保した。もともとシエンタは薄型燃料タンクの採用で床が低いから、2列シート仕様では、大容量の荷室にアレンジできる。

2列シート仕様を設定した背景には、複数の理由がある。

2018年9月11日に発売された「トヨタ・シエンタ」のマイナーチェンジモデル。外観ではフロントバンパーやグリル、ヘッドランプなどが新デザインとされている。
2018年9月11日に発売された「トヨタ・シエンタ」のマイナーチェンジモデル。外観ではフロントバンパーやグリル、ヘッドランプなどが新デザインとされている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダがコンパクトワゴン「シャトル」をマイナーチェンジ 2019.5.10 自動車ニュース ホンダがコンパクトワゴン「シャトル」をマイナーチェンジ。ロー&ワイド感やシャープなイメージを強調すべくエクステリアのデザインを変更したほか、シートの意匠を変更するなど、インテリアにも手を加えている。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る