フォルクスワーゲン、ポロを一部仕様変更

2018.10.02 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン」
「フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年10月2日、一部仕様変更を行った「ポロ」を発表した。

「ポロTSIハイライン」で3万2400円の有償オプションカラーとなったボディーカラー「エナジェティックオレンジメタリック」。
「ポロTSIハイライン」で3万2400円の有償オプションカラーとなったボディーカラー「エナジェティックオレンジメタリック」。拡大
デジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」と「スマートフォンワイヤレスチャージング」がセットになった「テクノロジーパッケージ」を「コンフォートライン」と「ハイライン」にオプション設定。
デジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」と「スマートフォンワイヤレスチャージング」がセットになった「テクノロジーパッケージ」を「コンフォートライン」と「ハイライン」にオプション設定。拡大
「ハイライン」では、「リーフブルーメタリック」と「エナジェティックオレンジメタリック」のオプションボディーカラーを選択すると、インテリアもそれぞれのカラーでコーディネートされる。
「ハイライン」では、「リーフブルーメタリック」と「エナジェティックオレンジメタリック」のオプションボディーカラーを選択すると、インテリアもそれぞれのカラーでコーディネートされる。拡大

今回の変更では、「コンフォートライン」と「ハイライン」に、デジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」と「スマートフォンワイヤレスチャージング」がセットになった「テクノロジーパッケージ」をオプション設定している。

また、「リーフブルーメタリック」と「エナジェティックオレンジメタリック」のボディーカラーを有償オプションとした。この2色を選んだ場合、インテリアのダッシュパッドとセンターコンソールがボディーと同色(つや消し仕上げ)に変更され(通常は「チタンブラック」)、さらにハイラインではシートファブリックの一部にもボディー色が用いられる。

追加設定されたオプションと価格は以下の通り。
※コンフォートライン、ハイラインに設定

  • テクノロジーパッケージ:7万0200円
  • オプションボディーカラー リーフブルーメタリック:3万2400円
  • オプションボディーカラー エナジェティックオレンジメタリック:3万2400円

(webCG)
 

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
ホームへ戻る