モチーフは日本刀、スズキが新型「カタナ」を世界初公開

2018.10.03 自動車ニュース

スズキは2018年10月2日(現地時間)、ドイツ・ケルンで開催されている二輪のモーターショー「インターモト」において新型「KATANA(カタナ)」を発表した。

現代の技術を得て往年の名車が復活

新型カタナは、1980年のケルンモーターショーでデビューした「GSX1100S KATANA」をモチーフとした、海外向けの大型二輪車である。開発にあたってはスズキのものづくりの精神とカタナの歴史を背景に、「スズキらしさ」「KATANAらしさ」を表現することに注力。往年のモデルと同様、日本刀をモチーフにした他にはない個性的なデザインと現代の最新技術を併せ持つバイクに仕上げたという。

デザインはシャープで大胆なラインをあしらった流線形のスタイリングが特徴で、特にフロントまわりについて、長方形の縦型2灯LEDヘッドライトや「刀の切っ先をモチーフにした」というLEDポジションランプにより、特徴的な顔つきとしている。一方リアまわりでは、スズキで初めてスイングアームマウントリアフェンダーを採用。リアウインカーとナンバープレートホルダーを下部に配置することで、凝縮感のあるデザインを実現している。

走りに関しては、高揚感のある加速とストリート走行に適した扱いやすさを実現するため、「GSX-R1000」用のものをベースに改良を加えた999ccの直列4気筒エンジンを軽量フレームの車体に搭載。3段階から選択可能なトラクションコントロールや、ABS、倒立フロントフォーク、ブレンボ製のラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどを採用している。

主要諸元は以下の通り。

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2125×830×1110mm
  • ホイールベース:1460mm
  • 車両重量:215kg(装備重量)
  • エンジン:999cc 水冷4ストローク直列4気筒エンジン
  • 最高出力:150ps(110kW)/10000rpm
  • 最大トルク:108Nm(11.0kgm)/9500rpm

生産は静岡・浜松工場で行われ、2019年春より欧州を中心に販売が開始される予定となっている。

(webCG)

「スズキ・カタナ」
「スズキ・カタナ」拡大

関連キーワード:
カタナ, スズキ, バイク, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・カタナNEW 2019.5.24 画像・写真 19年のときを経て、最新の二輪技術とともに復活したスズキのネイキッドスポーツモデル「KATANA(カタナ)」。コンセプト然としたフォルムから、細部にいたるまで、随所に作り手のこだわりが込められたそのスタイリングを、写真で紹介する。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
ホームへ戻る