目玉は「MBUX」のみにあらず!
新型「Aクラス」の進化点を開発キーマンに聞いた

2018.10.19 デイリーコラム

MBUXはすばらしいが……

「ハイ、メルセデス」から始まる新型「メルセデス・ベンツAクラス」のテレビCMを、ご覧になられた方も多いだろう。

そう、新型「Aクラス」のハイライトは、何といっても対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」である。名前だけでは伝わりづらいのだが、クルマに向かって音声で要望を伝えると、できる範囲でその要望に応えてくれるというもの。つまり音声入力システムである。

いまさら音声入力? と思われるかもいるかもしれないが、MBUXのスゴイところは“自然対話方式”に対応したことにある。従来のシステムでは、最初に「目的地検索」などと発声して、それから住所を伝えるというものが多かったのだが、MBUXの場合はいきなり「東京ディズニーランドに行きたい」でいいのだ。車内が暑いと思ったら「暑い」と言えばエアコンの温度設定を下げてくれるし、会社の先輩に電話をかけたいと思えば「バイパーほった氏に電話して」でOK(アドレス帳に入っていれば)。とにかく、自然な会話を通じてAクラスにコマンドを命じることができる。Appleの「Siri」がクルマに搭載されているようなものといえば伝わるだろうか。

Siriといえば、サービスが開始された当初、変な質問をしてSiriを困らせるのがはやったが、全国各地のメルセデス・ベンツディーラーでもしばらくは、新型Aクラスの試乗車の多くが、変な質問を受けることになるだろう。「アラスカに行きたい」とか、「フォルクスワーゲン・ゴルフについてどう思う?」とか、「私キレイ?」とか。そういった質問を表情ひとつ変えず(変えられず)に受け止めるMBUXのことを思うと胸に迫るものがあるが、筆者もまだ実際にMBUXを体験できていないため、同様のことを画策しているのを告白せねばなるまい。

と、ついここまで書き進めてしまったが、本稿で伝えたいのはそういうことではない。

新型AクラスはMBUXにタイヤとハンドルが付いているわけではない。MBUXがあまりに面白くて便利で(試してないけど)、プロモーション活動もそれを中心としたものとなっているため、新型Aクラスのクルマとしての基本性能についてのアピールが足りていないのではないかと思うのである。本来そういうことはインポーターであるメルセデス・ベンツ日本の仕事だと思うのだが、Aクラス開発のプロジェクトリーダーにお話を伺う機会を得たので、氏の主張をもとに、新型の魅力をお伝えしたい。

日本では2018年10月18日にお披露目された新型「メルセデス・ベンツAクラス」。写真は導入を記念して設定された限定車の「A180エディション1」。
日本では2018年10月18日にお披露目された新型「メルセデス・ベンツAクラス」。写真は導入を記念して設定された限定車の「A180エディション1」。拡大
話題の「MBUX」は、全13の言語に対応。日本では起動させるために「ハイ、メルセデス」と声を掛けるが、スペイン語仕様では「オラ、メルセデス」となるらしい。
話題の「MBUX」は、全13の言語に対応。日本では起動させるために「ハイ、メルセデス」と声を掛けるが、スペイン語仕様では「オラ、メルセデス」となるらしい。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT) 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
ホームへ戻る