新グレードも設定 「ジャガーXE」の2019年モデル発売

2018.10.25 自動車ニュース
「ジャガーXE 300スポーツ」
「ジャガーXE 300スポーツ」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年10月25日、「ジャガーXE」の2019年モデルを発表し、受注を開始した。

「XE 300スポーツ」のインテリア。
「XE 300スポーツ」のインテリア。拡大
「XEランドマークエディション」
「XEランドマークエディション」拡大
「XEランドマークエディション」のインテリア
「XEランドマークエディション」のインテリア拡大

2019年モデルでは、新グレード「300スポーツ」および2019年モデルの限定グレード「ランドマークエディション」の2グレードを追加設定したほか、「プロテクト」「リモートプレミアム」「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」といったスマートフォンと連動するコネクティビティー機能を全車に標準装備とした。

新グレードの300スポーツは2リッター直4ターボ「インジニウム」エンジンの最高出力を300psに引き上げたスポーティーなグレードである。エクステリアでは、フロントグリルサラウンドやウィンドウサラウンド、サイドベント&サイドシル、ミラーキャップなどをダークサテングレーでコーディネート。インテリアにはイエローコントラストステッチを採用し、「300 SPORT」のロゴをトレッドプレートやステアリングホイール、ヘッドレストなどに配している。

300スポーツの特徴的な装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ボディーカラー:「サントリーニブラック」「ユーロンホワイト」「インダスシルバー」「フィレンツェレッド」の全4色展開
  • ダークサテングレーのグリルサラウンド、ウィンドウサラウンド、サイドベント、サイドシル、ミラーキャップ
  • 19インチ 5スプリットスポーク“スタイル5031” サテングレーフィニッシュ
  • 「300 SPORT」を冠したグリルバッジとトランクバッジ

【インテリア】

  • インストゥルメントパネル、ドア、アームレスト、エボニーシートに施されたイエローコントラストステッチ
  • 「300 SPORT」のエンボス加工を施したフロントのヘッドレスト
  • 「300 SPORT」ロゴを配したステアリングホイールとトレッドプレート
  • イエローコントラストエッジの専用フロアマット

2019年モデル限定グレードとなるランドマークエディションは、フロントグリルやウィンドウサラウンド、サイドベントなどにグロスブラックを採用したほか、インテリアにはパーフォレイテッドグレインレザーシートやメッシュアルミフィニッシャー、「LANDMARK」ロゴ入りの専用トレッドプレートなどが備わる。

ランドマークエディションの特徴的な装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ボディーカラー:「サントリーニブラック」「ユーロンホワイト」「フィレンツェレッド」の全3色展開
  • グロスブラックのフロントグリル&サラウンド、ウィンドウサラウンド、サイドベント、ミラーキャップ
  • 専用の「LANDMARK」バッジを配したサイドベント
  • ボディーと同色のリアスポイラー
  • 18インチ 10スプリットスポーク“スタイル1049”

【インテリア】

  • コントラストステッチを施したパーフォレイテッドグレインレザーシート
  • ラックテックダッシュボード
  • 専用の「LANDMARK」バッジを配したトレッドプレート
  • メッシュアルミニウムフィニッシャー

価格は300スポーツが738万円で、ランドマークエディションが633万円から686万円まで。その他のグレードは466万円から854万円まで。

(webCG)

関連キーワード:
XE, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 300スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.28 試乗記 ジャガーのDセグメントセダン「XE」に、300psの2リッターターボエンジンを搭載した「300スポーツ」が登場。雨天のテストドライブでリポーターが感じた“心残り”とは? 2019年モデルより追加された、新しいスポーツグレードの出来栄えを報告する。
  • 第1回:認定中古車ジャガーXEの走りを確かめる 2019.2.20 ジャガー アプルーブドの魅力を知る<PR> 「今すぐ欲しい」「安心で安全な車両に乗りたい」「リーズナブルに購入したい」。そんなわがままをかなえてくれるのが、認定中古車である。国内でも最大級の規模を誇る「ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立」を訪れ、真剣に次期愛車候補を探してみた。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
ホームへ戻る