ダイハツ、「トール」を一部改良 同時に特別仕様車を設定

2018.11.01 自動車ニュース
「トール G”リミテッドSAⅢ”」
「トール G”リミテッドSAⅢ”」拡大

ダイハツ工業は2018年11月1日、コンパクトカー「トール」「トール カスタム」を一部改良し、同日販売を開始した。今回の一部改良では、歩行者検知機能を追加した衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」や前後コーナーセンサーを、エントリーグレードである「X」を除く全グレードに標準装備し、安全性を強化した。

「トール G”リミテッドSAⅢ”」
「トール G”リミテッドSAⅢ”」拡大
「トール G”リミテッドSAⅢ”」のインパネ。
「トール G”リミテッドSAⅢ”」のインパネ。拡大
「トール G”リミテッドSAⅢ”」のシート。
「トール G”リミテッドSAⅢ”」のシート。拡大
「カスタムG“リミテッドSAⅢ”」
「カスタムG“リミテッドSAⅢ”」拡大

また、今回の一部改良と同時に、トールとトール カスタムのそれぞれに特別仕様車「リミテッド」シリーズが設定された。両モデルとも、4カ所のカメラを使用し、車両を真上から見下ろしたような映像をTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイもしくはナビ画面に映し出す「パノラマモニター」や、前席のシートヒーターとシートバックテーブルをセットにした人気のオプション「コンフォータブルパック」を標準装備している。

特別仕様車の「トールG“リミテッドSAⅢ”」では、メッキエアコンレジスターノブやメッキインナードアハンドルを採用。同時にセンタークラスターパネルやドアトリムなどの各所にピアノブラック塗装やシルバー加飾を施し、さらに「カスタム」シリーズ専用のツートンカラーをオプションで選択可能としている。

特別仕様車の主な装備は以下の通り。

【G“リミテッドSAⅢ”】※ベースグレードはG“SAⅢ”

  • パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック
  • コンフォータブルパック(シートヒーター<運転席/助手席>、シートバックテーブル<ショッピングフック・ボトルホルダー2個付き、運転席/助手席>)
  • センタークラスターパネル(ピアノブラック調、シルバー加飾付き)
  • エアコンパネル(ピアノブラック調)
  • メッキエアコンレジスターノブ
  • メッキインナードアハンドル
  • シルバー加飾付きドアトリム
  • 「カスタム」シリーズ専用ツートンカラー選択可能(オプション)

【カスタムG“リミテッドSAⅢ”】※ベースグレードはカスタムG“SAⅢ”

  • パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック
  • コンフォータブルパック(シートヒーター<運転席/助手席>、シートバックテーブル<ショッピングフック、ボトルホルダー2個付き、運転席/助手席>)

価格は以下の通り。

  • X: 146万3400円(FF車)/163万6200円(4WD車)
  • X“SAⅢ”:152万8200円(FF車)/170万1000円(4WD車)
  • G“SAⅢ”:168万4800円(FF車)/185万7600円(4WD車)
  • G“リミテッドSAⅢ”:173万8800円(FF車)/191万1600円(4WD車)
  • Gターボ“SAⅢ”:180万3600円(FF車)
  • カスタムG“SAⅢ”:183万6000円(FF車)/200万8800円(4WD車)
  • カスタムG“リミテッドSAⅢ”:188万4600円(FF車)/205万7400円(4WD車)
  • カスタムGターボ“SAⅢ”:196万5600円(FF車)

(webCG)

関連キーワード:
トール, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る