メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定

2018.11.05 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツV260ロング」
「メルセデス・ベンツV260ロング」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年11月5日、乗用ワンボックス車「Vクラス」に特別仕様車「V260ロング」を設定し、注文受け付けを開始した。納車時期は2019年1月ごろを予定している。

 
メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定の画像拡大
 
メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定の画像拡大
 
メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定の画像拡大

V260ロングは、日本に導入される現行型Vクラスとしては初のガソリンモデルであり、最高出力211ps、最大トルク350Nmの2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。7段ATとの組み合わせにより、高い静粛性とより滑らかなドライブフィールを実現しているという。

装備については、運転支援システムの「レーダーセーフティパッケージ」や本革シート、 リクライニングが可能な3列目ベンチシート、センターコンソールアンダーボックス(ドリンクホルダー、カバー付き)を標準で採用。グレーペイント18インチ 5スポ―クアルミホイールやブラウンウッド調インテリアトリムも特徴となっている。

ボディーカラーは「オブシディアンブラック」と「ロッククリスタルホワイト」の2色で、販売台数はそれぞれ125台の限定となっている。

価格は738万円。

(webCG)

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • ボルボXC90 T8 Twin Engine AWDエクセレンス(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.13 試乗記 後席ジマンの高級車は、数え切れないほどあるけれど……。ボルボのラインナップで最も高価な「XC90エクセレンス」に試乗した筆者は、他ブランドのプレミアムカーではなかなか味わえない心地よさに包まれたのだった。
  • 「MBUX」を標準装備した「メルセデス・ベンツVクラス」発売 2020.7.13 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年7月13日、ミニバン「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデルを導入すると発表し、販売を開始した。安全運転運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」および対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備化した。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る