メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定

2018.11.05 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツV260ロング」
「メルセデス・ベンツV260ロング」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年11月5日、乗用ワンボックス車「Vクラス」に特別仕様車「V260ロング」を設定し、注文受け付けを開始した。納車時期は2019年1月ごろを予定している。

 
メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定の画像拡大
 
メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定の画像拡大
 
メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定の画像拡大

V260ロングは、日本に導入される現行型Vクラスとしては初のガソリンモデルであり、最高出力211ps、最大トルク350Nmの2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。7段ATとの組み合わせにより、高い静粛性とより滑らかなドライブフィールを実現しているという。

装備については、運転支援システムの「レーダーセーフティパッケージ」や本革シート、 リクライニングが可能な3列目ベンチシート、センターコンソールアンダーボックス(ドリンクホルダー、カバー付き)を標準で採用。グレーペイント18インチ 5スポ―クアルミホイールやブラウンウッド調インテリアトリムも特徴となっている。

ボディーカラーは「オブシディアンブラック」と「ロッククリスタルホワイト」の2色で、販売台数はそれぞれ125台の限定となっている。

価格は738万円。

(webCG)

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • フェラーリSF90ストラダーレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.3 試乗記 システム出力1000PSを発生する、フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」。電動パワートレインを搭載した新時代の“跳ね馬”は、過去のどんなスーパーカーとも趣を異にする、異質な速さとドライブフィールを備えていた。
  • 「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデル登場 装備強化でより安全かつ快適に 2021.7.29 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年7月29日、ミニバン「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデル導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」に「リアクロストラフィックアラート」を追加している。
  • メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.8.13 試乗記 注目すべきは最高出力612PSのパワーだけにあらず。48Vのマイルドハイブリッド機構や電子制御スタビライザーなどのハイテクを満載した「メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+」は、洗練された乗り心地とハンドリングも併せ持つハイパフォーマンスSUVに仕上がっていた。
ホームへ戻る