メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定

2018.11.05 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツV260ロング」
「メルセデス・ベンツV260ロング」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年11月5日、乗用ワンボックス車「Vクラス」に特別仕様車「V260ロング」を設定し、注文受け付けを開始した。納車時期は2019年1月ごろを予定している。

 
メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定の画像拡大
 
メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定の画像拡大
 
メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定の画像拡大

V260ロングは、日本に導入される現行型Vクラスとしては初のガソリンモデルであり、最高出力211ps、最大トルク350Nmの2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。7段ATとの組み合わせにより、高い静粛性とより滑らかなドライブフィールを実現しているという。

装備については、運転支援システムの「レーダーセーフティパッケージ」や本革シート、 リクライニングが可能な3列目ベンチシート、センターコンソールアンダーボックス(ドリンクホルダー、カバー付き)を標準で採用。グレーペイント18インチ 5スポ―クアルミホイールやブラウンウッド調インテリアトリムも特徴となっている。

ボディーカラーは「オブシディアンブラック」と「ロッククリスタルホワイト」の2色で、販売台数はそれぞれ125台の限定となっている。

価格は738万円。

(webCG)

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る