「アバルト695」に高級ボートメーカーとのコラボモデル誕生

2018.11.09 自動車ニュース
「アバルト695Cリヴァーレ」。1.4リッター直4ターボエンジンは「695トリブート フェラーリ」などと同じ最高出力180psと最大トルク250Nmを発生。
「アバルト695Cリヴァーレ」。1.4リッター直4ターボエンジンは「695トリブート フェラーリ」などと同じ最高出力180psと最大トルク250Nmを発生。拡大

FCAジャパンは2018年11月9日、伊ラグジュアリーボートメーカー・リーヴァ社とのコラボレーションモデル「アバルト695/695Cリヴァーレ」を、同日より150台限定で販売すると発表した。

 
「アバルト695Cリヴァーレ」では、「Bicolore Blu/Grigio Riva(ブルー/グレー)」のツートンカラーを採用する。
「アバルト695Cリヴァーレ」では、「Bicolore Blu/Grigio Riva(ブルー/グレー)」のツートンカラーを採用する。拡大
ダッシュボードやステアリングホイールの一部にマホガニーを採用している。
ダッシュボードやステアリングホイールの一部にマホガニーを採用している。拡大
ブルーレザーを用いたシートが装備される「アバルト695Cリヴァーレ」。
ブルーレザーを用いたシートが装備される「アバルト695Cリヴァーレ」。拡大
ボディー同色となる「695 RIVALE」のエンブレムをリアに装着している。
ボディー同色となる「695 RIVALE」のエンブレムをリアに装着している。拡大
イタリアの老舗ボートメーカー・リーヴァ社製の最新鋭56フィートフライブリッジボート「リヴァーレ」。
イタリアの老舗ボートメーカー・リーヴァ社製の最新鋭56フィートフライブリッジボート「リヴァーレ」。拡大

今回の695/695Cリヴァーレは、パワーボートで有名なイタリアの老舗ボートメーカー・リーヴァ社製の最新鋭56フィートフライブリッジボート「リヴァーレ」からインピレーションを受けてデザインされたという内外装が特徴となる。

ボディーカラーは専用の「Bicolore Blu/Grigio Riva(ブルー/グレー)」となり、アクアマリンのアクセントラインも採用される。そのほか、17インチ専用ホイール、アクラポビッチ社製のカーボン仕上げハイパフォーマンスエキゾーストシステム、「695 RIVALE」のエンブレム(サイド/リア)、クロームパーツなどを特別装備している。

インテリアでは、ブルーレザーを用いたシートやメーターフード、ステアリングホイールをブラックの内装色と組み合わせている。さらにダッシュボードやステアリングホイールの一部にマホガニーをアクセントとしてあしらい、ラグジュアリーボートを想起させる洗練された空間に仕上げたという。

それぞれの価格と販売台数は以下の通り。

  • アバルト695リヴァーレ:405万(限定85台)
  • アバルト695Cリヴァーレ:422万円(限定65台)

(webCG)

関連キーワード:
695ビポスト, 695エディツィオーネ マセラティ, 695トリブートフェラーリ, アバルト, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボXC40 T4 AWDモメンタム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.21 試乗記 あっさり完売してしまった「ボルボXC40」の導入記念モデル「T5 AWD R-DESIGNファーストエディション」に続き、カタログモデルの「T4 AWDモメンタム」に試乗することができた。装備“マシマシ”の記念モデルに対して、こちらはいわば“素”のモデル。その仕上がりやいかに?
  • 特別な仕立ての「アバルト595コンペティツィオーネ」発売 2017.7.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年7月19日、「アバルト595コンペティツィオーネ」の特別仕様車「595コンペティツィオーネ Performance Package(パフォーマンスパッケージ)」を発表した。同年7月29日に100台限定で発売する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
ホームへ戻る