【SUPER GT 2018】2018年シーズンはホンダNSX-GTの完勝

2018.11.12 自動車ニュース
チャンピオン獲得を喜ぶ、TEAM KUNIMITSUの3人。写真左からジェンソン・バトン、高橋国光総監督、そして山本尚貴。
チャンピオン獲得を喜ぶ、TEAM KUNIMITSUの3人。写真左からジェンソン・バトン、高橋国光総監督、そして山本尚貴。拡大

2018年のSUPER GT最終戦となる第8戦が、11月11日に栃木県のツインリンクもてぎで開催された。レースでは、GT500クラスはNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)が、今季2度目となるポール・トゥ・ウインを達成。GT500クラスのタイトルは3位となったNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が手にした。GT300クラスはNo.65 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥)が優勝し、大逆転でGT300クラスのタイトルを獲得。白熱のレース展開を詳しくリポートする。

GT500クラスのスタートシーン。最終戦は、予選からホンダ勢が強さを見せつけた。
GT500クラスのスタートシーン。最終戦は、予選からホンダ勢が強さを見せつけた。拡大
ZENT CERUMO LC500は、追い上げを見せるもトップには及ばず。最終的に2位でレースを終えた。
ZENT CERUMO LC500は、追い上げを見せるもトップには及ばず。最終的に2位でレースを終えた。拡大

NSX-GTとLC500が熱戦を展開

今季のタイトル争いは、ランキングトップのNo.100 RAYBRIG NSX-GTと、ポイントでは同点のNo.1 KeePer TOM'S LC500(平川 亮/ニック・キャシディ)が相手よりも上位で入賞すれば勝ちという状態。そしてNo.36 au TOM'S LC500(関口雄飛。中嶋一貴は1戦欠場)とNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)は、勝利したうえで、先の2チームの結果次第ではタイトルを手にできるという、4チームでの戦いになっていた。

予選はNSX-GT勢が速さを見せてトップ3を独占。ポールポジションはARTA NSX-GTが獲得し、2位にはRAYBRIGが入った。対して、連覇を狙うKeePer TOM'S LC500は予選6位、au TOM'S LC500は予選最下位と厳しい結果に。彼らとすれば、前戦オートポリスのように、「決勝では一転してLC500勢が躍進」としたいところだったろう。

しかし、決勝でもNSX-GTの勢いは衰えない。ARTA(伊沢)とRAYBRIG(山本)は3番手以下を見る見る引き離す。KeePer TOM'S(キャシディ)は5番手だったものの、ペースは上がらない。だが、これも2番手のNSX-GTをターゲットとした作戦だったようだ。

No.100 RAYBRIG NSX-GT(写真手前)とNo.1 KeePer TOM'S LC500(奥)は熱いバトルを展開。最終戦の観客を大いに沸かせた。
No.100 RAYBRIG NSX-GT(写真手前)とNo.1 KeePer TOM'S LC500(奥)は熱いバトルを展開。最終戦の観客を大いに沸かせた。拡大

RAYBRIGとKeePer TOM'Sの駆け引きにしびれる

まずはトップのARTAが動く。規定周回ミニマムの19周でピットイン。その後、他チームも続々とピットに向かった。上位で残ったのはRAYBRIGとKeePer TOM'Sのタイトルを争う2台のみ。この2車はなかなかピットに入らず周回を続けた。

KeePer TOM'Sの平川が「タイヤ無交換も視野には入れていました。本当はもう少し早く入る予定でしたが、ピットインを引っ張ったのはミスかも……」と言うのに対して、RAYBRIGのバトンも「お互いに意識ながら走っていて、結果的にどんどんポジションが下がるのではないかと心配だった」と焦(じ)れていた。

レース53周の半分を超えた30周でRAYBRIGはピットに。するとKeePer TOM'Sも後に続く。どちらもタイヤ無交換は採らず、作業時間もほとんど変わらない。これでRAYBRIG NSX-GT(バトン)は、ZENT CERUMO LC500(石浦宏明)の後ろ、3番手に下がった。元F1世界チャンピオンのバトンはポジションを戻すべくZENTを攻めるが、石浦の巧みなブロックとGT300マシンの渋滞に難儀。「無理をするな」と言われたか、バトンは“キープの走り”となった。

KeePer TOM'S LC500(平川)も7番手と振り出しよりひとつ下げてコースに復帰。幸いだったのは、前2台がLC500だったこと。無理なくポジションを上げ、最大の障害だったEpson Modulo NSX-GT(松浦孝亮)もさほど労せずに攻略。そしてRAYBRIGに続く位置となったが、まだ6秒も先だった。それでも平川はスパートの手を緩めない。前年のGT500チャンピオンは、バトンより1秒近く速いラップで差を詰めていく。元F1王者と鳴り物入りで加入したとおり、“1年生”としては素晴らしい活躍を続けているバトンだが、ここではペースが思うように上げられなかった。

終わってみれば、2018年シーズンはNSX-GTの完勝。全8戦のうち4戦で勝利を手にしている。
終わってみれば、2018年シーズンはNSX-GTの完勝。全8戦のうち4戦で勝利を手にしている。拡大
No.100 RAYBRIG NSX-GTをチームのスタッフが迎える。山本尚貴はスーパーフォーミュラの2018年チャンピオンとあわせて、ダブルタイトルを獲得した。
No.100 RAYBRIG NSX-GTをチームのスタッフが迎える。山本尚貴はスーパーフォーミュラの2018年チャンピオンとあわせて、ダブルタイトルを獲得した。拡大

SUPER GTの最終戦にふさわしいレース

残り8周。ついにRAYBRIGとKeePerの差は1秒以内に詰まった。追いついた数周は果敢に攻めた平川だったが、次第に鋭さが失われる。「最後はあそこまでタイヤが垂れるとは思わなかったし、向こう(100号車)は後ろを見ながら走っているんじゃないのかと思えたほど。タラレバを言ってもしょうがないが、『悔しい』という言葉では表せないくらい悔しいです」と、勝負どころについて平川は述懐した。

トップ争いも終盤は緊迫した。ARTA NSX-GT(野尻)の背後にZENT CERUMO(石浦)が迫ったのだ。だが、「クルマのパフォーマンスは素晴らしかった。ギャップを見ながらタイヤをマネジメントしていたので、心配はなかった」と、野尻は冷静にレースを振り返った。

10月に行われたもてぎでの公式テストで、目立ったタイムが出ずに心配されたNSX-GT陣営。フタを開けてみれば、優勝争いもチャンピオン争いもLC500に完勝。シーズンとしても8戦4勝で、そのすべてがポール・トゥ・ウインというすごさだった。

3位となりタイトルを獲得したバトンは「本当にタフなレースだったね。自分のスティントもとてもつらくて、このレースだけで10歳も老けてしまったよ」と苦笑。「1号車に迫られたけど、1周しのいだら少しギャップが広がった。あとは大きなストレスを感じなかったよ」とプライドものぞかせた。

リーダーとしてチームを引っ張ってきた山本は「何よりも苦しい状態の中で(NSX-GTの)開発を続けてくれたホンダ、応援してくれたファンに感謝します。レースはARTAとの勝負と思っていました。(彼らの早めのピットで)その次の周に入ろうと思いましたが、結局は1号車(KeePer TOM'S LC500)との争いだと。1号車より先に入るのが怖くて……」と、レース中の駆け引き、葛藤を振り返った。

最終戦は、車両だけでなく、ドライバーやチームの総合力を問うSUPER GTらしい、駆け引きと真剣勝負にあふれた、シーズン最後にふさわしいレースだったといえよう。

黒澤治樹/蒲生尚弥組のNo.100 RAYBRIG NSX-GTは、予選2位からトップでゴール。逆転でGT300クラスのチャンピオンに輝いた。
黒澤治樹/蒲生尚弥組のNo.100 RAYBRIG NSX-GTは、予選2位からトップでゴール。逆転でGT300クラスのチャンピオンに輝いた。拡大

最善策を尽くしたLEON CVSTOS AMGが優勝

GT300クラスは、12点差のランキングトップで最終戦に臨んだNo.55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー)が本命と目されていた。

しかし、予選Q1では高木が2位になるも、Q2でショーンが10位と失速。決勝前半で実質7番手まで上げ、後半で4位を目指してタイヤ無交換に出る。対して、ランキング2位のNo.65 LEON CVSTOS AMGにとっては、昨年このもてぎで優勝していることもあり、逆転のタイトル獲得を胸に秘めての一戦だった。彼らは予選2位でスタートするも、決勝序盤で黒澤が5番手まで下がってしまったのだが、「タイヤ無交換と決めていて、尚弥のためにタイヤを(必要以上に)使わないようにした」と言うように、それは承知のことだった。

全車がピットインを終えると、LEONがトップに立つ。蒲生は「(残したタイヤを)セーブして負けるのは絶対に嫌だと思っていたのでプッシュしました。満足いく走りができた」と、逃げ切って優勝。ARTAは9位で終わり、GT300ドライバー&チームのチャンピオンは、LEON CVSTOS AMGがもぎ取ることになった。

(文=古屋知幸/写真提供 GTA)

関連キーワード:
SUPER GT 2018, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事