日産が公約通り、テニスの大坂なおみ選手に「GT-R」を贈呈

2018.11.14 自動車ニュース
大坂なおみ選手と、贈呈されたアルティメイトメタルシルバーの「日産GT-R NISMO」。
大坂なおみ選手と、贈呈されたアルティメイトメタルシルバーの「日産GT-R NISMO」。拡大

日産自動車は2018年11月13日、同社のブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレーヤー大坂なおみ選手に、2018年モデルの「日産GT-R NISMO」を贈呈したと発表した。

大坂選手は「(速いから)GT-Rが好き」とブランドアンバサダー就任会見でコメントしていた。
大坂選手は「(速いから)GT-Rが好き」とブランドアンバサダー就任会見でコメントしていた。拡大
贈呈された「日産GT-R NISMO」は左ハンドル仕様。
贈呈された「日産GT-R NISMO」は左ハンドル仕様。拡大

大坂選手は2018年9月、グランドスラムで日本人初となる女子シングルス優勝を果たし、その後、日産のブランドアンバサダーに就任していた。横浜市の日産ギャラリーにて同年9月13日に行われたブランドアンバサダー発表記者会見で、「(速いから)GT-Rが好き」とコメントした大坂選手に対して、日産自動車の星野朝子専務執行役員が壇上で「ではGT-Rを差し上げましょう」と応じていた。

今回その約束が果たされ、アルティメイトメタルシルバーのボディーカラーをまとった左ハンドル仕様の日産GT-R NISMOが、大坂選手に贈呈された。贈呈にあたり日産は、「大胆かつ先進的なデザインに加え、(GT-Rは)大容量のラゲッジルームを有しています。これで、大坂選手はたくさんのラケットやボールを積んで、安全かつ快適に練習に行けます」とのコメントを発表している。

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2018.10.15 画像・写真 「日産GT-R」とイタルデザインがそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作された「日産GT-R50 by Italdesign」。同車が日産・銀座にある日産のブランド発進施設NISSAN CROSSINGで一般公開されている。その姿を写真で紹介する。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • 2019ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:NISMO/無限編)【試乗記】 2019.10.2 試乗記 普段、サーキットなどでしのぎを削る国内メーカーの4つの“ワークス”が、一堂に会して開催する「ワークスチューニンググループ合同試乗会」。今回はNISMOが手がけた「日産GT-R」と、無限のパーツを装着した「ホンダ・シビック タイプR」を試す。
ホームへ戻る