日産が公約通り、テニスの大坂なおみ選手に「GT-R」を贈呈

2018.11.14 自動車ニュース
大坂なおみ選手と、贈呈されたアルティメイトメタルシルバーの「日産GT-R NISMO」。
大坂なおみ選手と、贈呈されたアルティメイトメタルシルバーの「日産GT-R NISMO」。拡大

日産自動車は2018年11月13日、同社のブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレーヤー大坂なおみ選手に、2018年モデルの「日産GT-R NISMO」を贈呈したと発表した。

大坂選手は「(速いから)GT-Rが好き」とブランドアンバサダー就任会見でコメントしていた。
大坂選手は「(速いから)GT-Rが好き」とブランドアンバサダー就任会見でコメントしていた。拡大
贈呈された「日産GT-R NISMO」は左ハンドル仕様。
贈呈された「日産GT-R NISMO」は左ハンドル仕様。拡大

大坂選手は2018年9月、グランドスラムで日本人初となる女子シングルス優勝を果たし、その後、日産のブランドアンバサダーに就任していた。横浜市の日産ギャラリーにて同年9月13日に行われたブランドアンバサダー発表記者会見で、「(速いから)GT-Rが好き」とコメントした大坂選手に対して、日産自動車の星野朝子専務執行役員が壇上で「ではGT-Rを差し上げましょう」と応じていた。

今回その約束が果たされ、アルティメイトメタルシルバーのボディーカラーをまとった左ハンドル仕様の日産GT-R NISMOが、大坂選手に贈呈された。贈呈にあたり日産は、「大胆かつ先進的なデザインに加え、(GT-Rは)大容量のラゲッジルームを有しています。これで、大坂選手はたくさんのラケットやボールを積んで、安全かつ快適に練習に行けます」とのコメントを発表している。

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • インフィニティQ60 2016.1.12 画像・写真 日産がデトロイトショーで「インフィニティQ60」を発表した。同車は「G37クーペ」(日本名:スカイラインクーペ)の後継モデルで、2リッター直4ターボに加えて新開発の3リッターV6ターボを搭載している。インフィニティの新型クーペの姿を、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2018.10.15 画像・写真 「日産GT-R」とイタルデザインがそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作された「日産GT-R50 by Italdesign」。同車が日産・銀座にある日産のブランド発進施設NISSAN CROSSINGで一般公開されている。その姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
ホームへ戻る