ミッキーマウス柄の「スマート・フォーツー」限定発売

2018.11.15 自動車ニュース
「スマート・フォーツー エディション/ミッキー ザ トゥルー オリジナル」。写真のボディーカラーはラリーレッド。
「スマート・フォーツー エディション/ミッキー ザ トゥルー オリジナル」。写真のボディーカラーはラリーレッド。拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年11月15日、「スマート・フォーツー」の特別仕様車「スマート・フォーツー エディション/ミッキー ザ トゥルー オリジナル」を発表した。同日より2019年3月31日までの期間限定で注文を受け付け、2019年の1月以降にデリバリーを開始する。

こちらはモノクロ時代のミッキーマウスをイメージした、チタニアグレー(マットカラー)のモデル。
こちらはモノクロ時代のミッキーマウスをイメージした、チタニアグレー(マットカラー)のモデル。拡大
レザーシートには、ミッキーマウスのイメージとロゴの刺しゅうが施されている。
レザーシートには、ミッキーマウスのイメージとロゴの刺しゅうが施されている。拡大
シートのヘッドレスト部。刺しゅうの色は、ボディーカラーにより赤または白になる。
シートのヘッドレスト部。刺しゅうの色は、ボディーカラーにより赤または白になる。拡大
「フォーツー エディション/ミッキー ザ トゥルー オリジナル」のリアビュー。
「フォーツー エディション/ミッキー ザ トゥルー オリジナル」のリアビュー。拡大
トリディオンセーフティセルもミッキー柄。1点だけがイエローになっている。
トリディオンセーフティセルもミッキー柄。1点だけがイエローになっている。拡大

今回のフォーツー エディション/ミッキー ザ トゥルー オリジナルは、0.9リッター直3ターボエンジンを搭載する「スマート・フォーツー ターボ」をベースとする限定車。今年“スクリーンデビュー90周年”を迎えるディズニーのキャラクター、ミッキーマウスをイメージしたドレスアップが特徴となっている。

ボディーカラーは、モノクロ(初期)のミッキーマウスを思わせるチタニアグレーと、後のカラー映像時代をイメージしたラリーレッドを用意。スマートのアイコンでもあるトリディオンセーフティセルにはミッキーマウスのアイコンがちりばめられており、イエローのドアミラーカバーや専用エンブレムが装着される。

一方のインテリアは「smart BRABUS tailor made」プログラムにより仕立てられたもので、ミッキーマウスのイメージとロゴが刺しゅうされたレザーシートが特徴。ダッシュボードやステアリングホイール、ドアパネルなども本革仕立てとなっている。専用のフロアマットも与えられる。

パノラミックルーフやシートヒーターといった、快適性を高める装備もセリングポイントである。

価格は342万円。ハンドル位置は右のみとなる。

(webCG)

◇関連記事:ミッキー柄のスマートも! 「ディズニー ミッキー90周年 マジック オブ カラー」の会場から

関連キーワード:
フォーツー, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る