ポルシェが「パナメーラGTS」の予約受注を開始

2018.11.21 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラGTS」
「ポルシェ・パナメーラGTS」拡大

ポルシェ ジャパンは2018年11月21日、新型「パナメーラGTS」「パナメーラGTSスポーツツーリスモ」の予約受注を開始した。

「パナメーラGTSスポーツツーリスモ」
「パナメーラGTSスポーツツーリスモ」拡大
「パナメーラ4エグゼクティブ」
「パナメーラ4エグゼクティブ」拡大

今回設定されたGTSグレードは、最高出力460psを発生する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した、パナメーラ/パナメーラ スポーツツーリスモの高性能グレードであり、2018年10月16日に車両の概要が発表されていた。

ハンドル位置はいずれも右のみで、価格はパナメーラGTSが1897万円、パナメーラGTSスポーツツーリスモが1935万円。

同時に、パナメーラ/パナメーラ スポーツツーリスモの一部のグレードにおいて、価格改定も行われた。価格が変更されたグレードと新価格は以下の通り。

  • パナメーラ:1198万円
  • パナメーラ4:1248万円
  • パナメーラ4エグゼクティブ:1368万円
  • パナメーラ4スポーツツーリスモ:1295万円

(webCG)

関連キーワード:
パナメーラ, パナメーラ スポーツツーリスモ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモ【海外試乗記】 2018.11.21 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ/パナメーラ スポーツツーリスモ」に追加された高性能グレード「GTS」に、中東・バーレーンで試乗。パナメーラシリーズの最新モデルは、同系統の4リッターV8ツインターボを搭載する「ターボ」とは一味違う“走り”をしていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • ポルシェが「パナメーラGTS」の予約受注を開始 2018.11.21 自動車ニュース ポルシェが日本での新型「パナメーラGTS」「パナメーラGTSスポーツツーリスモ」の予約受注を開始。いずれも右ハンドルのみで、価格は前者が1897万円、後者が1935万円となっている。同時に、パナメーラシリーズの一部のグレードで価格の改定も行われた。
ホームへ戻る