ポルシェ、「パナメーラ」に伝統の「GTS」を追加設定

2018.10.16 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラGTS」
「ポルシェ・パナメーラGTS」拡大

独ポルシェは2018年10月16日(現地時間)、「パナメーラ」および「パナメーラ スポーツツーリスモ」に高性能グレード「GTS」を追加設定すると発表した。

「パナメーラGTSスポーツツーリスモ」
「パナメーラGTSスポーツツーリスモ」拡大
 
ポルシェ、「パナメーラ」に伝統の「GTS」を追加設定の画像拡大
 
ポルシェ、「パナメーラ」に伝統の「GTS」を追加設定の画像拡大

今回、発表されたパナメーラGTSおよびパナメーラGTSスポーツツーリスモは、「パフォーマンスにフォーカスした」と説明されるスポーティーグレードである。GTSの名称は、歴代のポルシェ車の高性能モデルに用いられてきた由緒あるものだ。

搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは、先代パナメーラGTSを10psと100Nm上回る、最高出力460ps、最大トルク620Nmを発生。駆動方式は4WDで、トランスミッションはデュアルクラッチ式の8段ATが組み合わされる。動力性能を高めるスポーツクロノパッケージが標準装備となっており、最高速はパナメーラGTSが292km/h、パナメーラGTSスポーツツーリスモが289km/h、0-100km/h加速は両モデルとも4.1秒と公表されている。

シャシーには、3チャンバーテクノロジーを備えたアダプティブエアサスペンションを採用。車高が標準モデルよりも10mm低められるほか、ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)にはよりスポーティーなチューニングが施される。ブレーキも強化されており、ローター径はフロント390mm、リア365mmとなっている。

エクステリアでは、フロントとリアまわりにブラックコントラスト仕上げが施されるスポーツデザインパッケージを標準装備。タイヤサイズは20インチが標準となる。

アルカンターラとアルミを多用したインテリアには、パナメーラとしては初採用となるヘッドアップディスプレイも用意される。

価格や日本市場への導入予定は未定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
パナメーラ, パナメーラ スポーツツーリスモ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
ホームへ戻る