ポルシェ、「パナメーラ」に伝統の「GTS」を追加設定

2018.10.16 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラGTS」
「ポルシェ・パナメーラGTS」拡大

独ポルシェは2018年10月16日(現地時間)、「パナメーラ」および「パナメーラ スポーツツーリスモ」に高性能グレード「GTS」を追加設定すると発表した。

「パナメーラGTSスポーツツーリスモ」
「パナメーラGTSスポーツツーリスモ」拡大
 
ポルシェ、「パナメーラ」に伝統の「GTS」を追加設定の画像拡大
 
ポルシェ、「パナメーラ」に伝統の「GTS」を追加設定の画像拡大

今回、発表されたパナメーラGTSおよびパナメーラGTSスポーツツーリスモは、「パフォーマンスにフォーカスした」と説明されるスポーティーグレードである。GTSの名称は、歴代のポルシェ車の高性能モデルに用いられてきた由緒あるものだ。

搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは、先代パナメーラGTSを10psと100Nm上回る、最高出力460ps、最大トルク620Nmを発生。駆動方式は4WDで、トランスミッションはデュアルクラッチ式の8段ATが組み合わされる。動力性能を高めるスポーツクロノパッケージが標準装備となっており、最高速はパナメーラGTSが292km/h、パナメーラGTSスポーツツーリスモが289km/h、0-100km/h加速は両モデルとも4.1秒と公表されている。

シャシーには、3チャンバーテクノロジーを備えたアダプティブエアサスペンションを採用。車高が標準モデルよりも10mm低められるほか、ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)にはよりスポーティーなチューニングが施される。ブレーキも強化されており、ローター径はフロント390mm、リア365mmとなっている。

エクステリアでは、フロントとリアまわりにブラックコントラスト仕上げが施されるスポーツデザインパッケージを標準装備。タイヤサイズは20インチが標準となる。

アルカンターラとアルミを多用したインテリアには、パナメーラとしては初採用となるヘッドアップディスプレイも用意される。

価格や日本市場への導入予定は未定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
パナメーラ, パナメーラ スポーツツーリスモ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェが「パナメーラGTS」の予約受注を開始 2018.11.21 自動車ニュース ポルシェが日本での新型「パナメーラGTS」「パナメーラGTSスポーツツーリスモ」の予約受注を開始。いずれも右ハンドルのみで、価格は前者が1897万円、後者が1935万円となっている。同時に、パナメーラシリーズの一部のグレードで価格の改定も行われた。
  • 「マツダ3」の「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に4WDモデル登場 2020.2.13 自動車ニュース マツダは2020年2月13日、「マツダ3」の2リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に4WDモデルを追加設定し、予約注文受け付けを開始した。同年3月12日に発売する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
ホームへ戻る