“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始

2018.11.21 自動車ニュース
「プジョー208シグネチャー」
「プジョー208シグネチャー」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月21日、コンパクトハッチバック「208」の特別仕様車「208 SIGNATURE(シグネチャー)」を発表。同日、販売を開始した。

 
“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始の画像拡大
 
“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始の画像拡大
 
“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始の画像拡大

今回の208シグネチャーは、サインや署名を意味する車名のとおり、「208の美点をさらに引き出すことを約束する」という特別仕様車。

ベースとなるのは「208スタイル」で、上級グレード「208アリュール」と同様のフロントグリルや、ブルーステッチ入りのシート、バックアイカメラ(アクティブシティーブレーキとバックソナーも標準装備)などが備わる。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • バックアイカメラ
  • バックソナー
  • アクティブシティーブレーキ
  • プジョー ミラースクリーン(Apple CarPlay対応)
  • 専用バッジ(フロントフェンダー部)
  • アリュールフロントグリル
  • 革巻きスポーツステアリングホイール
  • ブルーステッチ入りシート
  • 16インチニューデザインホイールキャップ

価格は210万円で、ボディーカラーはビアンカ・ホワイト、リオハ・レッド、ダーク・ブルーの3色が選べる。

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • 第143回:ねらえ! リッター30km 2019.9.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第143回は「ねらえ! リッター30km」。BlueHDi搭載の「プジョー308」が驚きの低燃費をマーク! ディーゼル車の燃費には、まだ伸びる余地があるのか!? リッター30kmを目標に、激安中古の「BMW 320d」でエコランに挑戦。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.20 試乗記 最高出力110PSの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する「シトロエンC3エアクロスSUV」に試乗。今どきのシトロエンらしさ全開の個性的なルックスに加え、実用性と快適性を重視した設計が特徴という、新型SUVの出来栄えは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
ホームへ戻る