“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始

2018.11.21 自動車ニュース
「プジョー208シグネチャー」
「プジョー208シグネチャー」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月21日、コンパクトハッチバック「208」の特別仕様車「208 SIGNATURE(シグネチャー)」を発表。同日、販売を開始した。

 
“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始の画像拡大
 
“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始の画像拡大
 
“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始の画像拡大

今回の208シグネチャーは、サインや署名を意味する車名のとおり、「208の美点をさらに引き出すことを約束する」という特別仕様車。

ベースとなるのは「208スタイル」で、上級グレード「208アリュール」と同様のフロントグリルや、ブルーステッチ入りのシート、バックアイカメラ(アクティブシティーブレーキとバックソナーも標準装備)などが備わる。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • バックアイカメラ
  • バックソナー
  • アクティブシティーブレーキ
  • プジョー ミラースクリーン(Apple CarPlay対応)
  • 専用バッジ(フロントフェンダー部)
  • アリュールフロントグリル
  • 革巻きスポーツステアリングホイール
  • ブルーステッチ入りシート
  • 16インチニューデザインホイールキャップ

価格は210万円で、ボディーカラーはビアンカ・ホワイト、リオハ・レッド、ダーク・ブルーの3色が選べる。

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
ホームへ戻る