“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始

2018.11.21 自動車ニュース
「プジョー208シグネチャー」
「プジョー208シグネチャー」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月21日、コンパクトハッチバック「208」の特別仕様車「208 SIGNATURE(シグネチャー)」を発表。同日、販売を開始した。

 
“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始の画像拡大
 
“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始の画像拡大
 
“署名”が車名の特別な「プジョー208」販売開始の画像拡大

今回の208シグネチャーは、サインや署名を意味する車名のとおり、「208の美点をさらに引き出すことを約束する」という特別仕様車。

ベースとなるのは「208スタイル」で、上級グレード「208アリュール」と同様のフロントグリルや、ブルーステッチ入りのシート、バックアイカメラ(アクティブシティーブレーキとバックソナーも標準装備)などが備わる。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • バックアイカメラ
  • バックソナー
  • アクティブシティーブレーキ
  • プジョー ミラースクリーン(Apple CarPlay対応)
  • 専用バッジ(フロントフェンダー部)
  • アリュールフロントグリル
  • 革巻きスポーツステアリングホイール
  • ブルーステッチ入りシート
  • 16インチニューデザインホイールキャップ

価格は210万円で、ボディーカラーはビアンカ・ホワイト、リオハ・レッド、ダーク・ブルーの3色が選べる。

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
ホームへ戻る