「スバル・レヴォーグ」にスポーティーな特別仕様車

2018.11.27 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight Vスポーツ」
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight Vスポーツ」拡大

スバルは2018年11月27日、スポーツワゴン「レヴォーク」に特別仕様車「1.6GT EyeSight Vスポーツ」を設定し、2019年1月15日に発売すると発表した。

 
「スバル・レヴォーグ」にスポーティーな特別仕様車の画像拡大
 
「スバル・レヴォーグ」にスポーティーな特別仕様車の画像拡大
 
「スバル・レヴォーグ」にスポーティーな特別仕様車の画像拡大

今回の特別仕様車はスバルブランドの誕生60周年を記念して設定されたもので、エントリーグレードの「1.6GT EyeSight」をベースにスポーティーな仕様の足まわりや内外装を取り入れたモデルとなっている。

特別装備は以下の通り。

  • 18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)&225/45R18タイヤ
  • ビルシュタイン製ダンパー(フロント倒立式)
  • フロント17インチ2ポットベンチレーテッドディスクブレーキ
  • LEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル)
  • コールドウェザーパック(フロントワイパーデアイサー/フロントシートヒーター)
  • アルミパッド付きスポーツペダル
  • メッキ加飾付きフロントグリル(ダークメッキ+ブラック塗装)
  • ブラックカラードドアミラー
  • アイサイトセーフティープラス(スバルリアビークルディテクション<後側方警戒支援システム>+ハイビームアシスト<自動防げんルームミラー付き>)
  • アイサイトセーフティープラス(フロント&サイドビューモニター)

ボディーカラーは、これまで上級グレードの「STI Sport」にしか設定のなかった「WRブルー・パール」を含む全4色。価格は307万8000円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバルが「WRX S4/STI」の改良モデルを発表 2019.5.14 自動車ニュース スバルは2019年5月14日、スポーツセダン「WRX S4/STI」の改良モデルを発表した。同年6月27日に販売を開始する。ハイビームアシストの作動車速を従来の40km/hから30km/hとし、トランクの開閉方法を変更。ボディーカラーには新色を導入している。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.4 試乗記 従来より幅広い車速域での運転支援を実現したアイサイト・ツーリングアシスト。この最新機能は走りを磨いた「STI Sport」にどんな“愉しさ”を与えたのか。「レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight」に試乗した。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る