「スバル・レヴォーグ」にスポーティーな特別仕様車

2018.11.27 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight Vスポーツ」
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight Vスポーツ」拡大

スバルは2018年11月27日、スポーツワゴン「レヴォーク」に特別仕様車「1.6GT EyeSight Vスポーツ」を設定し、2019年1月15日に発売すると発表した。

 
「スバル・レヴォーグ」にスポーティーな特別仕様車の画像拡大
 
「スバル・レヴォーグ」にスポーティーな特別仕様車の画像拡大
 
「スバル・レヴォーグ」にスポーティーな特別仕様車の画像拡大

今回の特別仕様車はスバルブランドの誕生60周年を記念して設定されたもので、エントリーグレードの「1.6GT EyeSight」をベースにスポーティーな仕様の足まわりや内外装を取り入れたモデルとなっている。

特別装備は以下の通り。

  • 18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)&225/45R18タイヤ
  • ビルシュタイン製ダンパー(フロント倒立式)
  • フロント17インチ2ポットベンチレーテッドディスクブレーキ
  • LEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル)
  • コールドウェザーパック(フロントワイパーデアイサー/フロントシートヒーター)
  • アルミパッド付きスポーツペダル
  • メッキ加飾付きフロントグリル(ダークメッキ+ブラック塗装)
  • ブラックカラードドアミラー
  • アイサイトセーフティープラス(スバルリアビークルディテクション<後側方警戒支援システム>+ハイビームアシスト<自動防げんルームミラー付き>)
  • アイサイトセーフティープラス(フロント&サイドビューモニター)

ボディーカラーは、これまで上級グレードの「STI Sport」にしか設定のなかった「WRブルー・パール」を含む全4色。価格は307万8000円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
ホームへ戻る